fc2ブログ

E.M.D.2nd

自分の買ってきた物(主に漫画や同人誌、フィギュア関係)の紹介が中心 -エロ関係の記事が多めなので18歳未満の方の閲覧は控えるようお願いします-
2021 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312022 01

進撃の巨人 13巻 - 敵は「外」だけではなく「内」にもいる!! -

進撃の巨人 13巻 (AA) (DMM) を買ってきました







前巻でエレン奪還に成功したものの多くの犠牲を伴った調査兵団。
今回は今までは違い壁の「外」にいる巨人との戦いは発生せず、壁の「内」にいる脅威が描かれた巻となっています。
ある意味で分かりやすい外の脅威に対して、内の脅威は把握出来ない分、厄介な存在ですね。果たしてエレンとクリスタを守ることが出来るのか?


そんな事でエレンの奪還及びクリスタも無事に生還した調査兵団。とはいえハンネスさんが死んでしまったりエルヴィンも片腕を巨人に食われたりと調査兵団側の被害は甚大に。
とは言えエレンは巨人を操る事が出来た事を知り、この力を扱えるようにする事と、硬化をうまく使ってウォール・マリアの穴を閉じることを誓うわけで







そして少し時間が経ち、話はエルヴィンが目を覚ました時に移ります。
ここである報告が









エレンが巨人化した時のいる位置や壁の中で巨人が発生し、その人数がとある村からいなくなった村人と同じ数だったことから巨人の正体は人間なんじゃね?的な疑惑が持たれています。
巨人の弱点である項部分。もしかするとそこには一体化した人間の頭脳があるのかもしれない・・・。その事が確証が持てる段階じゃないけど、このことが本当だとすると、じゃあ何をしたら人間は巨人になるのか?って言うのが気になりますなぁ。あと今回の件から意図的に人間を巨人にすることも出来るようですし、何者かがその実験をしているんだろうなぁ。で、その件はおそらくエレンの父親も関与しているだろうし、やっぱエレン宅の地下に行ければ、色々わかるんじゃないかと思うわけで。


エレン宅の地下に行くためにはウォール・マリアの壁を閉じる必要がある。巨人化したエレンが硬化できればそれで穴を塞ぐ事が可能になるのですが、現状ではエレンはそれが出来ない模様。しかも巨人化したアレンにはある行動が見られたようですが、エレンにその記憶はない。ここ辺りにも何かあるぽいですなぁ。あとエレンが思案中に一瞬出た女性







とクリスタが夢に出てきた女性







これ同一人物な気がするけど、誰なんだろ?すげー気になるわ。(しかもどちらもその後すぐに存在を忘れている所からしても怪しい)


で、巨人の秘密はコレはコレで一旦おいておいて。秘密を知るものを徹底的に口封じしてくる連中からエレンとクリスタを守りつつ、逆にそれを暴こうという状態になっていましたね。







ここでエレンとクリスタの身代わりで、ジャンとアルミンが捕まるんですが







変態おじさんのせいでアルミン大ピンチ(笑
しかもこの変態さん男だって分かってもそれでも良いから・・・とか言ってくる本当の変態さんで、これアルミンにはトラウマものだよなぁ(笑

で、自分たちに仕掛けてきたリーブス商会を逆に味方に引き込んで調査兵団側は反撃にうってでるって所で終了。







派手な戦闘シーンありませんでしたが、こういう見えない内部の敵との戦いって言うのはコレはコレで面白いですよね。っていうか正直進撃の巨人でこんな展開になっていくとは思っても見なかったので次巻の展開が非常にきになります。

そーいや今回ウソ予告が復活していましたねぇ。







「J-POP地獄編」・・・一体どんなものになるんだ(棒
しかしここのアルミン、非常にいい顔していたなぁ(笑

関連記事











[ 2014/04/09 12:23 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FANZAセール
人気記事
プロフィール

マスオ

Author:マスオ
基本は買ってきた物(主に雑誌、漫画、同人誌関係18禁含む)の紹介、たまにゲーム、フィギュアの紹介、自分が気になったニュースに関する紹介とかやっています。

誠にすみませんが、当分の間コメントに対してのお返事を控えさせていただきます。

連絡先はmasuokun777※gmail.comになります。(※をアットマークに変更してください)


またこのページへのリンクはフリーです。

バナーリンク
スポンサードリンク
FANZA 電子コミック
FANZA 同人ランキング
検索フォーム
月別アーカイブ


ブログパーツ