fc2ブログ

E.M.D.2nd

自分の買ってきた物(主に漫画や同人誌、フィギュア関係)の紹介が中心 -エロ関係の記事が多めなので18歳未満の方の閲覧は控えるようお願いします-
2021 101234567891011121314151617181920212223242526272829302021 12

To LOVEる―とらぶる― ダークネス 11巻 - ダークネスとして覚醒したヤミ、その歪んた想いがリトに向けられる!! -

To LOVEる―とらぶる― ダークネス 11巻 (AA) (DMM)を買ってきました







今回は41話から44話、そしてSQ.19に掲載された番外編の2編が収録されています。
本編の方はダークネスとして覚醒したヤミが色々やりたい放題で、リトの命を狙ってくる!!
リトのピンチに駆けつけるララ。そしてダークネス化を元に戻すために動き出すメア。ってな感じで今までのTo LOVEるの中でも長編ものになっています。(タイトルがダークネスになってから一番核心的な話になるわけですしね)
でも完全シリアス展開・・・ってなことにはならず、いつもどおりのエロ要素が入っていますよ。(しかしワームホール便利過ぎる(笑 )


ダークネス化したヤミ。またすごくエロい格好になりましたなぁ
そして本来であれば地球を壊せるほどの力を持っているのにもかからわず、何故かリトに固執し、さらに今までエッチな事を嫌いだったはずが、エッチな事大好きな状態になっていた!!
どうやらなんらかしらのバグが発生してこんな状況になったようですが・・・
で、とにかくひたすらリトを殺そうと来るわけですが、エロいこと大好きになってのでリトのラッキースケベが発動して彼女を触ったりしても全く恥ずかしがりすらしません!!







ヤミの恥ずかしがる表情が良かったのに!!なので個人的にはダークネス化したヤミはあんまり好きじゃないです。なんか目もうつろポイし、なんというかヤンデレ要素も加わってないか?







でも普通のヤミに比べると表情は豊かだったりするんですよねぇ。








で、ヤミダークネス化を元に戻すため、ナナやモモ、そしてメアが動き出します。そしてそんな中ララがリトを守るためヤミと戦うわけですが、ここでのララの活躍がまたいい感じなんですよ!!流石は元メインヒロイン!!で、そんな所を見てイライラしまくりのヤミの気持ちも分からなくもない!!







あと、ザスティンもカッコ良いシーンがあったりするのですが、







服装が服装なのでイマイチパッとしない点が可愛いそうでした

そんな感じでこの巻だけではダークネス編終了にはならず、次巻へ持ち越しになります。
最初こそはなんかシリアス展開に発展するのかな?とか思っていましたが、そこまでシリアスになるわけもなく、なんだかんだでいつも通りのお色気要素が入りまくっていましたねぇ。パンツ越しくぱぁや、いつもの瞳にナニか映っているような描写がもちろん、なんかもう性器関係描かなければ問題ないんじゃね?って感じの際どいシーンも結構あったりしました



















あとワームホールは非常に使い勝手が良い便利なモノに見えましたねぇ。これ使えばいろんな事ヤり放題じゃないか!!








番外編では籾岡がモモを逆に弄んじゃうシーン(何だかんだで純情なモモもこれはこれで可愛いんだけどね)や









春菜なエロい妄想したり(この裸エプロン姿の春菜を後ろから襲っておっぱいをわしづかみするシーンがまた素晴らしい!!)、







リトのラッキースケベでスプーンでパンツ持ち上げる(しかもそのパンツにナニがか反射しているように見える)っと、







本編はちとシリアス展開に入っている分、番外編はいつものドタバタな日常模様が描かれていますよ。

で、この巻にも鉛筆画がありますよ!今回は2つあって、唯(?)と美柑になっています。一つ目の唯ですが、まあこれどう見てもダークネスヤミが唯にトランスした姿ですよねぇ。しかしこの唯、色々と遊んでそうに見えて仕方ないわ。







あともう一つの美柑の方はリビングで寝ているようですが、よーく見て見ると…







なんか乳首券が発行されてないか?って美柑って家にいる時はノーブラ派なのか?
うーむこれはいろんな意味で興味深い!(おい!







あと今回も単行本時に修正されている所がありますね。細かく見ていないのでもっとあるのではないかとは思います。
リトとララのこのシーン。ララの瞳がSQ時には髪に隠れていた部分がコミックでは描かれていますね。あと擬音も変わっています









あとララが力使いはたして小さくなった時、SQ時にはうっすら乳輪が見えていたのが、コミックでは完全に隠れています。(な、はずなんですが、なんか撮り比べたら変わっていないように見える)









最後は番外編のモモと籾岡とのカラミシーンでのモモの瞳。









あと台詞も「私さぁ」が「わたしさぁ」に変わってましたね。
もしかすると今回って擬音や台詞が変わっているのかもしれません。


To LOVEる-とらぶる-ダークネスに関する過去紹介記事
To LOVEる―とらぶる― ダークネス 10巻 - ついにヤミの中に眠るチカラ「ダークネス」が発動!! -
凛がデレて、ララがリトにもうアタック、そしてミルケアの花が大活躍 - To LOVEる―とらぶる― ダークネス 9巻 より -
To LOVEる-とらぶる-ダークネス第8巻 - 限定版に付くOVA3巻は今回もエロ要素満載。くぱぁもあるよ -
To LOVEる―とらぶる― ダークネス 7巻 - 瞳に映るナニかを加筆するとは… -
To LOVEる-とらぶる- ダークネス 第6巻 - ナナが非常に可愛い、褐色ロリババァのネメシスさんも捨てがたい!! -
To LOVEる―とらぶる― ダークネス 5巻 - 今回も単行本で修正(主におっぱい)が!! -
To LOVEる―とらぶる― ダークネス 4巻 - 更にエロく、そして鉛筆画もエロい -
To LOVEる―とらぶる― ダークネス 3巻 - 今回もエロさは顕在。そして単行本での修正もあり!! -
To LOVEる ダークネス 2巻 - 今回も修正箇所あり。そして鉛筆画がまたエロい -
To LOVEる ダークネス 1巻 -雑誌連載時より変更や追加個所あり!!-

関連記事











[ 2014/08/04 13:16 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FANZAセール


人気記事
プロフィール

マスオ

Author:マスオ
基本は買ってきた物(主に雑誌、漫画、同人誌関係18禁含む)の紹介、たまにゲーム、フィギュアの紹介、自分が気になったニュースに関する紹介とかやっています。

誠にすみませんが、当分の間コメントに対してのお返事を控えさせていただきます。

連絡先はmasuokun777※gmail.comになります。(※をアットマークに変更してください)


またこのページへのリンクはフリーです。

バナーリンク
スポンサードリンク
FANZA 電子コミック
FANZA 同人ランキング
検索フォーム
月別アーカイブ


ブログパーツ