fc2ブログ

E.M.D.2nd

自分の買ってきた物(主に漫画や同人誌、フィギュア関係)の紹介が中心 -エロ関係の記事が多めなので18歳未満の方の閲覧は控えるようお願いします-
2023 01123456789101112131415161718192021222324252627282023 03

To LOVEる-とらぶる-シリーズ10周年アニバーサリーブック とらぶるくろにくる - これまでの「とらぶる」を締めくくる記念本の登場!! -

To LOVEる-とらぶる-シリーズ10周年アニバーサリーブック とらぶるくろにくる アニメDVD同梱版 (AA) (楽天) を買ってきました







こちら「To LOVEる―とらぶる―」連載開始から「ダークネス」完結までの約10年間を総ざらいしたブックとなっており、キャラクターや物語の解説・考察企画、矢吹氏と長谷見氏の対談、著名作家陣によるトリビュート、単行本未収録だった番外編等が収録された、そんな内容になっています。また同梱版についてくるアニメの方はこの番外編をアニメ化した内容になっています。
ちなみにアニメDVD同梱版の表紙は通常版とは異なった専用のイラストになっていますよ!!


限定版のとらぶるくろにくる表紙のイラストはいつものように乳首券発行されており、これがこのとらぶるくろにくるの表紙になっています。









で、ページ開くと今回用に描き下ろされたイラストが掲載されています。







またジャンプスクエアに掲載されていた表紙や扉絵、販促用イラストが掲載されています。









ただここの部分で残念なのが、なんでこんなに小さいのかって点ですかねぇ。画集じゃないから仕方ないのかもしれないけど、1ページに一つのイラストを載せる形にして欲しかったなぁ。

で、次は豪華作家陣による「To LOVEる―とらぶる―」スペシャルアートとして全14のイラストが掲載されています。















これが今回のとらぶるくろにくるでの一番の目玉だと思いますが、確かに描かれている作家さんの豪勢っぷりは素直に凄いの一言に尽きます
桂正和氏のイラストがあるのは感慨深いですなぁ。

次は各キャラクターの10年の歴史的とデータが掲載されています。中でも各キャラの10年間で起きた事象を数値化している所があり、10年間でリトが起こしたラッキースケベの回数とか、美柑が食べたアイスの数とか、ハレンチに巻き込まれた回数なんかが掲載されていました











こう具体的に数値化されると、「このキャラはいつもこんなことしている印象があったけど、実際は少ないんだなぁ」とか思ってしまう所もありますね。
しかしリトさんのラッキースケベ回数は流石だぜ(笑


あと連載では10年だけど、劇中では2年も経っていないという事実が!!







リトさんのラッキースケベの数々についても掲載されており







適性が分かる、ハレンチシュミレーションというラッキースケベの潜在能力を診断するのがあってフイタ







そして矢吹氏と長谷見氏による対談







対談の中で、矢吹氏は次の作品のネームを描いていたり、TLを描くのであれば番外編ではなく「To LOVEる―とらぶる―◯◯◯」って感じの新シリーズをやりたい!!(だけど今はまだその時ではない)
なんて事が書かれており、矢吹氏の次の作品は現状ではTo LOVEるではないって感じぽいですね。

あとはラフ画ギャラリーがあったり、







単行本未収録の番外編が収録されています!!
いつも通りのハレンチ満載な内容になっていますよ!!















あと同梱されているアニメDVDの方ですが上記の番外編がアニメ化されています







アニメ化に当たって少しシーンが追加されていたりしますが、基本的に同じ内容になっています。もちろんおっぱいも普通に描かれています!!
しかし、おそらくTo LOVEるアニメ最後の作品になるかと思われる本作のクオリティがOVAなのにもかかわらずなんか低くね?って思ってしまう内容で(特にキャラが動くと「誰?」なんて思うシーンが多々・・・)、とらぶるくろにくるの発売延期した理由がこれなんじゃないか?とか邪推してしまいましたよ・・・









































































あと映像特典として「とらぶる特別座談会!2017」が収録されていました。







アニメよりこちらの方の時間がはるかに長かったりします。

ってな感じの内容になっています。メインのとらぶるくろにくるについてはムック本としていい感じの内容になっていたと思いますが、アニメの出来については、正直もう少し頑張って欲しかったなぁっていうのが本音ですかねぇ。
でも本当にこれで「To LOVEる-とらぶる-」シリーズはとりあえずの終了って事になるのかと思いますが、個人的には番外編でも良いので続きが見れる日が来ると良いなぁって思いました!!(まあ11/4発売のジャンプSQ.に特別番外編が掲載されていたりしますが)

関連記事









[ 2017/11/01 07:17 ] ムック | TB(0) | CM(2)
3000円する内容じゃないな
[ 2017/11/01 14:39 ] [ 編集 ]
OVAビデオアニメは令和の今日ではほぼ没落傾向
平成後期の一時期の円盤ビジネスである程度売り上げを伸ばしていたovaオリジナルビデオアニメーション(らき☆すたovaなど)は、令和の今日ではNetflixオリジナルアニメなどのweb配信アニメ(インターネットアニメ)が爆発的に製作数を増やし続けたのとは対照的に20分物の単発作品ばかりに偏ったため(やくざ映画などの特定ジャンルが主体の実写のオリジナルビデオ映画(Vシネマ)は60分か90分で製作しているため良好)製作数が激減しておりほぼ没落傾向(衰退傾向)へと突き進んでおり、(OADオリジナルアニメDVD・Blu-ray Discに至ってはかなり深刻)、更には円盤ビジネスの発起人の一人であるKADOKAWAの角川歴彦会長(2012年付の著作権法改正を行わせた発起人の一人)が東京オリンピックの汚職で逮捕される事態に見舞われています。よって、OVAが無くならないという保証はもうない(つまりovaが無くなる可能が高い)と思う。

朝日新聞の記事より引用
東京五輪・パラリンピックをめぐる汚職事件で、東京地検特捜部は14日午後、大会スポンサーだった出版大手「KADOKAWA」の会長・角川歴彦(つぐひこ)容疑者(79)を贈賄容疑で逮捕した。事件はKADOKAWAトップの逮捕にまで発展した
[ 2022/09/21 00:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人気記事
プロフィール

マスオ

Author:マスオ
基本は買ってきた物(主に雑誌、漫画、同人誌関係18禁含む)の紹介、たまにゲーム、フィギュアの紹介、自分が気になったニュースに関する紹介とかやっています。

誠にすみませんが、当分の間コメントに対してのお返事を控えさせていただきます。

連絡先はmasuokun777※gmail.comになります。(※をアットマークに変更してください)


またこのページへのリンクはフリーです。

バナーリンク
スポンサードリンク
FANZA 同人ランキング
検索フォーム
月別アーカイブ


ブログパーツ