FC2ブログ

E.M.D.2nd

自分の買ってきた物(主に漫画や同人誌、フィギュア関係)の紹介が中心 -エロ関係の記事が多めなので18歳未満の方の閲覧は控えるようお願いします-
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

コミック版 この素晴らしい世界に祝福を! 8巻 - 次の舞台は紅魔の里!!そしてめぐみんが凄く美少女している!! -

コミック版 この素晴らしい世界に祝福を! 8巻 (AA) (Kindle版) (DMM電子書籍) (楽天) を買ってきました







映画化が決定した「この素晴らしい世界に祝福を!」のコミカライズ、第8巻。今回はカズマ一行が紅魔の里に向かうことになり、その道中での出来事、そして紅魔の里での起きた出来事の様子が描かれています。
紅魔の里に入ってから急にめぐみんがヒロインぽい感じになっていたりしますが、でも確かに寝ている姿を見ていると、彼女はかなりの美少女だもんなぁ。


ゆんゆんの父親の手紙から里がピンチということでゆんゆんが暴走気味になっており、一度紅魔の里に戻ることになった。そしてめぐみんもなんだかんだ理屈を言いながらも紅魔の里に戻ることになった







その紅魔の里に向かう道中で出くわしたモンスター・安楽少女







その見た目から庇護力を抱かせる行動を取ってくる。その姿態にあのアクアでさえ思わず助けようとしていた
カズマはこいつを斬ろうとしていたけど、







こんな表情魅せられたらそりゃ斬れないわ

こうしてこの安楽少女を見逃し先を進む一行だが、あとからゆくゆんゆんを誘わないようにっと言おうと戻るのだが・・・







カズマさん、こいつの本性を見てしまった!!
こうして安楽少女はカズマの経験値になったのですが、それをアクア達に見せて







ものすごいグーパンで殴られたのでした
まあそりゃアクア達からすればあの本性を見ていないので罪もない無垢な少女の命を奪ったと思われても仕方ないよなぁ。色んな意味で恐ろしいモンスターだぜ!!

その後の夜、カズマと一緒に見張りをしためぐみんが手を握ってきて「ずっとこのまま皆で一緒にいられるといいですね」って凄くヒロイン力を発揮してきており、くそー可愛いすぎなんですけど!!(その後、寝てしまうのがめぐみんらしいが)







そして次なるモンスターはメスのオーク(?)が登場!!







そしてこの世界にはオスのオークは絶滅しており、現在は多種族でもオスなら見境なしに交わり、結果的に現在は各種族の優秀な遺伝子を兼ね備えたもはやオークと呼べないモンスターになっている模様(なにそれ、怖すぎだろ!!)







そんなモンスターがオスであるカズマに群がる!!これは怖すぎ







ってホント、アルカンレティアから紅魔の里の間は「危険なモンスターがわんさか生息している」ってだけあって、どいつも一癖も二癖もあって恐ろしいなぁ

で、紅魔の里付近で紅魔族と交戦中の魔王軍の鬼達に遭遇し、ピンチ。だが、そこにやってきた紅魔族の4人が結果的に助けてくれる







ピンチと言う話を聞いて戻ってきたけど、紅魔の里の状態はいたってのどか。どうやらゆんゆんの父が手紙を大げさに書いたのが原因

一行はめぐみんの両親と出会う。







めぐみんが出していた手紙からカズマと親密な仲なのだと誤解しており、更にカズマに3億エリスもの大金が手に入ると知った母親は、既成事実を作るためっと、めぐみんの寝ている部屋にカズマを閉じ込める







寝ているめぐみんの可愛いさはヤバい。ホント見た目だけなら美少女だよねぇ。







その後起きためぐみんと色々あり、次の日にその事をチクられ







パーティーメンバーから「クズマ」、「カスマ」、「ゲスマ」って言われる事になる

あと紅魔の里を観光するのだが、猫耳神社の御神体や、伝説の剣が刺さった岩、願いの泉や「世界を滅ぼしかねない兵器」が封印されているというコンクリート施設があったり、ライフルが物干し竿になったいたりと、この里って昔日本人が関与していたのだろうか?って思えるモノがたくさんあったりする。







これそのうち誰が関与していたのかって分かったりするのかな?

そして、魔王軍幹部の一人、シルビアが襲来







カズマはバックに紅魔族がいるからって事でベルディアやバニルやハンスなどの魔王軍幹部を討った者だっと威勢よく告げるんだけど、名前を聞かれると・・・







「ミツルギキョウヤ」だとヘタレるのでった。流石カズマさん
まあでもこの啖呵もあってかシルビアは一時撤退するんですけどね。

その夜、まためぐみんの母によってめぐみんとカズマは一緒の部屋に。そこで今度こそいい感じに・・・!?







って感じでこの巻から紅魔の里での話がスタート。紅魔の里が舞台だからなのかなんかめぐみんがいつにもましてヒロインぽく描かれていた感じです。ってかめぐみんけっしてダクネスのようにおっぱいが大きいわけではないけども、普通に美少女なんだよなぁってことをこの巻にて改めて思ったわけです(っていうか見た目だけならアクアもダクネスも皆、美少女だよなぁ、このパーティー)。
次巻はおそらくシルビアがまた攻めてくることになるんだろうけど、その際に紅魔の里にある怪しげな施設の謎が判明したりするのだろうか?

関連記事











ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

[ 2018/09/10 11:59 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人気記事
プロフィール

マスオ

Author:マスオ
基本は買ってきた物(主に雑誌、漫画、同人誌関係18禁含む)の紹介、たまにゲーム、フィギュアの紹介、自分が気になったニュースに関する紹介とかやっています。

誠にすみませんが、当分の間コメントに対してのお返事を控えさせていただきます。

連絡先はmasuokun777※gmail.comになります。(※をアットマークに変更してください)


またこのページへのリンクはフリーです。

スポンサードリンク
DMM GAMES 遊び放題
バナーリンク
DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation
FANZA 電子コミック
FANZA 同人ランキング
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QRコード


ブログパーツ