FC2ブログ

E.M.D.2nd

自分の買ってきた物(主に漫画や同人誌、フィギュア関係)の紹介が中心 -エロ関係の記事が多めなので18歳未満の方の閲覧は控えるようお願いします-
2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11

絶対零度アイドル 1巻 - 少女の姿を保つために彼女たちは冷凍保存(コールドスリープ)を選ぶ -

絶対零度アイドル 1巻 (AA) (Kindle版) (DMM電子書籍) (楽天) を買ってきました







話はコールドスリープが恒常的に使われるようになった近未来が舞台。ここではこのコールドスリープすることでアイドルとして活動出来る期間を延ばす「冷凍保存アイドル」が人気を博していた。
そんな冷凍保存アイドルの中で勢いのあるユニット「ブライア・ローズ」のマネージャーをすることになった光太郎。だけど彼には秘密があった・・・
歓声と非難が入り交じる中、それぞれの思いが交錯していく、そんなちょっと変わったアイドルモノ漫画の第1巻。


話は光太郎がアイドルグループ「ブライア・ローズ」のマネージャーになった所から(実際は技術職希望だったんだけどなぜかマネージャーになった)







ただこのアイドルグループはちょっと特殊で、コールドスリープが恒常的に使われるようになった近未来が舞台となっているので、当然このアイドルグループもいわゆる「冷凍保存アイドル」だったりする







そして時代は冷凍アイドル戦国時代に突入している模様。彼女たちは冷凍されることで歳をとるのが遅くなり、通常より長く若い姿を保つことが出来て、起きている間はアイドル活動。そしてそれ以外の時間は冷凍されているのでスキャンダルの心配はない模様







そしてコールドスリープから目覚める「ブライア・ローズ」の面々







光太郎はそんな彼女たちの練習模様を目の当たりにする







そしてそんな時に脅迫状が届く。しかもこれはしょっちゅう来るらしい。







おそらく冷凍保存反対派から届いたものではないか?っという推測が。この冷凍保存の行為を「気持ち悪い」と思う人がいるもある意味正論ではあったりする。この脅迫状の件は光太郎の案により見事捕まえることに成功。ただなんで光太郎に犯人が分かったのか?という疑問があったりする。カンだとは言うけどちょっと怪しいよなぁ。

で、「ブライア・ローズ」のライブが無事に行われることになり、ステージに上る前にリーダーであるすず音に冷凍保存は怖くないのか?っと聞くのだが、彼女は「ずーっとアイドルでいたい」という事もあり、冷凍保存に対して怖さはない模様







でも冷凍保存されるということは生きることを管理され、さらに副作用で寿命が・・・

そんな「ブライア・ローズ」のライブを見つつ光太郎にかかってくる電話、そこで彼から一年後のドームライブをぶち壊すという言葉が!!







どうやら彼は冷凍保存反対派のスパイって事らしい。
だから妙に脅迫状を出した犯人の目星がついていたのか(脅迫状を出していたのは過激派らしいけど)

とは言え、普段は普通にマネージャーとして頑張る姿が描かれており









彼女たちがリリイベで歌いたい場所を使用できるようにするために、説得したりするのであった







なんで光太郎がスパイ的な事をしているのかはこの新に関係している模様。







どうやら彼は冷凍保存関係の犠牲者で自分と同じ想いをしてほしくないから?だから目的はあくまで威嚇な模様







ある日「ブライア・ローズ」メンバーの一人、八千代がなにかを思いつめていた







そしてとあるタイミングでファンの前で「コールドスリープやめる」宣言をする







どうやら彼女は冷凍保存に依存してしまっており、そのため反対の事をしようとしているらしい







ブライア・ローズは「冷凍保存アイドル」であるため、コールドスリープを止めようとする八千代はメンバーから外れる事になってしまうのだが、リーダーであるすず音は彼女を辞めさせるつもりはない宣言







昔に皆でドームに行く約束をしていたので一人もかけることなくドームへって想いが強い模様







そんな時、彼女たちがコールドスリープする装置が壊されてしまい、直すまでコールドスリープ出来ない問題が発生(もちろん新達が壊したわけではなく、内部犯行の可能性が高い)。なのでこれを機会に全国ツアーをすることに







そんな中で八千代の事もあり、すず音は「リーダーとして」って気負い過ぎている感があったりしたけども、







今回の全国ツアーを通じて彼女たちの絆はより深まった模様









そんな感じでアイドル物語モノとしてはちょっと特殊な感じなお話で、コールドスリープでアイドルが出来る期間を延ばすことでアイドル活動を行う少女たち(中には個々に理由があったりもするけど)と、その裏で冷凍保存に反対する派閥が彼女たちのドームライブを中止させようと動いているという、単純なアイドルモノではない所が気になる所です。
本気でアイドルを目指す彼女たちにとっては冷凍保存でアイドルとしての活動時間が延びるって言うのは願ってもない手段だろうけど、もちろん副作用もあるのでそれを反対する人たちがいることも分かるわけで・・・。
しかし一巻の時点では光太郎の内面があんまり分からないので本気でドームライブ中止にしようとしているのかが分かりませんなぁ。次巻ではもう少し彼の心の内を知りたいなぁって思いました!!

関連記事











ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

[ 2019/06/18 11:42 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人気記事
プロフィール

マスオ

Author:マスオ
基本は買ってきた物(主に雑誌、漫画、同人誌関係18禁含む)の紹介、たまにゲーム、フィギュアの紹介、自分が気になったニュースに関する紹介とかやっています。

誠にすみませんが、当分の間コメントに対してのお返事を控えさせていただきます。

連絡先はmasuokun777※gmail.comになります。(※をアットマークに変更してください)


またこのページへのリンクはフリーです。

スポンサードリンク
DMM GAMES 遊び放題
バナーリンク
DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation
FANZA 電子コミック
FANZA 同人ランキング
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QRコード


ブログパーツ