FC2ブログ

E.M.D.2nd

自分の買ってきた物(主に漫画や同人誌、フィギュア関係)の紹介が中心 -エロ関係の記事が多めなので18歳未満の方の閲覧は控えるようお願いします-
2020 031234567891011121314151617181920212223242526272829302020 05

娘の友達 3巻 - 父と古都との関係に娘が気づく時、二人の関係は・・・ -

娘の友達 3巻 (AA) (Kindle版) (DMM電子書籍) (楽天) を買ってきました







この巻では晃介がなにかを隠しているっと感づいた娘の美也。そしてその隠し事は「古都と付き合っている!?」って事に事もあろうか、古都との会話から感づいてしまうことに。そして最悪な場所で美也に出会ったしまった晃介。父娘の修羅場はどうなってしまうのか?
で、古都は古都で相変わらず、晃介に対して戯れてくるのですが、それがまた非常に魔性の魅力的なモノがあるんで、たちが悪いぜ!!


美也が学校に登校するようになったけど古都と父の関係にナニか気になる所を感じた彼女は何かあったりしないかと訪ねてみるが、彼女は「どうかしたの?」って感じの返答が







自分が気にしすぎなのかもしれないけど、でも胸がざわざわする美也。

で、美也の方は登校できるようになったとは言え、今までは今までだったので「音」に対してかなり敏感な事に。なので静かな場所を探し、その場で補習の勉強をしていると見知らぬ男子生徒・正一郎がやってくる。しかもここは唯一火災報知器がないって事で堂々とタバコを吸う始末







そんな感じで出会った彼とは今後もこの場所でよく合うことになり、彼は古都の本質を見抜いている感じ・・・







(そしてそんな会話を彼女はバッチリ聞いているんだよねぇ・・・)

一方、晃介の方は美也が古都の事を話す度に反応がよそよそしく、こんな反応シていればそりゃ怪しむってもんだぜ







で、美也は父がナニか隠している事を感じているので古都に話して見ると、急に家にあそびに行くと言い出す。







あと意味深に「自分の親の本当の姿って・・・知りたいって思う?」なんて事も。

で、古都が遊びにやって来ることを知らない晃介。いつものように古都がバイトしている喫茶店にやってきて彼女のとの会話。晃介と一緒にいることでドキドキするのでもっとドキドキしたいですよね?っとめちゃ可愛いく迫ってくる古都。それで古都が取り出したのはインスタントカメラ。







それで二人を撮る。「現像するまでどんなのが出来上がるか分からないって、ドキドキしますね」っと。

一方、会社の方では本間さんが下につくかんじになり、彼女とランチがてら面談をするのだけど、その際に「若い子」に関する話が出たこともあり、彼女から若い子に手をだしているんですか?なんて聞かれてしまう。







その後、古都とのメッセージのやり取りでよーやく遊びに来ること知る晃介。また美也から「隠していることはないか?」っと聞かれたりするのだけど、嘘ついてごまかす







この嘘をきっかけにもう後戻り出来ないところまで来てしまったのかもしれないっと思う晃介であった。

で、古都宅の話になるんだけど、彼女の母は「壊れている」感じなんだよなぁ。娘が友達の家にいくのに挨拶しに行くとか・・・







まあ彼女の家での父との関係を鑑みるに父子家庭である美也の所に行かせるのは・・・って言うのもあるんだろうけど、実際にやってきて晃介を「じっ」っと見つめつる様子が不気味以外の何物でもないわ!!







その後、古都と美也はお菓子作りを始める。







でもここで自分の担当だったクッキングシートを買うの忘れてきて、結果的に美也が買いに行くことになる。そのすきを狙って晃介の所にやってくる古都。(ってどう考えても狙ってしたよね、これ)そしてほっぺについてのを取って欲しいとか言ったり






「土日だってお父さんじゃない時間があったってよいんじゃないか」っと晃介の匂いを嗅ぎながら甘えてきたりする







その後、インスタントカメラを片手に部屋を見回って長野のお土産を見つけ、おもむろに写真を撮ったりする。この行為で正気に戻った感じの晃介は彼女と止め、そして彼女にはっきりと今回のような行為は迷惑だよ告げる







その後、美也が戻ってきてお菓子作り再会。その後この作ったお菓子を男の子にあげるの?的な話から古都に好きな人がいるのか?って話題になる。彼女は「いる」と答えるけど続けて「その人私のこと好きじゃないから」っと言う







「その人も・・・かな?」ってボソッと呟く所に彼女の家庭の闇の部分が見えまくれしているよなぁ。
その後、その人とも出会いを美也に話をする。

後日晃介は古都の件で、会社ではミスを連発していた。そして帰りに本間さんと出会い一緒に飲むことにこの時、昼間彼女の名前を間違えて呼んでしまった事から、古都に会ってみたいとイイ出す







一方、美也は晃介が伝えてきた飯がないのでコンビニで買い物をするとそこで正一郎と出会い、今回コンビニで飯をくうことになったのは父が古都でデートしているからっと言い出す







今までの二人を見てきた美也は確信めいたものがあるようで涙を流しながら喋る。それをみた正一郎は古都のバイト先を知っているので行ってみるか?っと伝える。

丁度、晃介も本間さんと一緒にあの喫茶店に向かっているので







鉢合わせに!!
本間さんが気を利かせてくれるんだけど、美也が今までためていたものがここで爆発してしまう。それに対し晃介もつい美也に対して声を荒げてしまう







父娘感での修羅場!!って所に古都が現れてこの巻は終了。ついに引き返せないところまで来てしまった感この状況はいったいどうなるんだろって感じになっていますなぁ。
古都の晃介に対する感情って自身の父が父なので・・・っていう部分があると思うんだけど、まだ彼女の本音がわからないこともあって、ホントどうなるのか次巻展開が気になって仕方ないです!!

関連記事













[ 2020/02/13 18:58 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人気記事
プロフィール

マスオ

Author:マスオ
基本は買ってきた物(主に雑誌、漫画、同人誌関係18禁含む)の紹介、たまにゲーム、フィギュアの紹介、自分が気になったニュースに関する紹介とかやっています。

誠にすみませんが、当分の間コメントに対してのお返事を控えさせていただきます。

連絡先はmasuokun777※gmail.comになります。(※をアットマークに変更してください)


またこのページへのリンクはフリーです。

スポンサードリンク
バナーリンク
FANZA 電子コミック
FANZA 同人ランキング
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QRコード


ブログパーツ