FC2ブログ

E.M.D.2nd

自分の買ってきた物(主に漫画や同人誌、フィギュア関係)の紹介が中心 -エロ関係の記事が多めなので18歳未満の方の閲覧は控えるようお願いします-
2021 081234567891011121314151617181920212223242526272829302021 10

娘の友達 4巻 - 二人だけのナイショがバレれた時、事態は・・・ -

娘の友達 4巻 (AA) (Kindle版) (DMM電子書籍) (楽天) を買ってきました







前巻の終わりに晃介の娘・美也は友達の古都が好きなのは自分の父なのではないかという疑いを持ち始めていた。そんな矢先に彼女がバイトしている喫茶店に向かうと、そこには晃介の姿が!!
さらにそこにバイトを終えた古都が現れって事で前巻以上に重い展開が待ち受けている、そんな巻になっています。


晃介が古都のバイト先の喫茶店にて美也と鉢合わせ。そんな所に本人が現れる







美也は古都に気になっている人って父のことなのか?って聞くと彼女は隠そうともせずに「そうだよ」と返答
これに対し美也は水族館の件とか色々聞くが、それに対して古都はすべて父と一緒だったことを伝える。古都は自分がしつこくしてただけで晃介は自分に何もしてない事を伝える。そこまで聞いて美也は「変だよ。普通じゃない」というのだが、それに対して古都は







いつもの表情のままで「普通」って何?ってと答える

そんな古都に対し、「最低だよ」っとビンタする美也。







そのまま泣き、正一郎に連れられて帰っていく。
古都と晃介の二人きりとなり、「ナイショにできませんでしたね」とつぶやく古都であった。
こーしてすべてが終わってしまった事を感じた晃介。美也はまた部屋に引きこもってしまった。そして自分は今いったいどこに立っているのだろうと思うのであった。

話は古都側へ。父が家におり上機嫌な母。だけど父が家から出ていこうとすると







ヒステリックに大きな声をあげ、そして父が出ていくと泣き崩れる。(古都に出合い頭「お前は小さい頃から何も変わらないな・・・」つつぶやくのだけど、それはナニを意味するのだろうか・・・)

で、古都は泣き崩れる母をお起こしに行くと、なんか彼女にすがる感じで「本当によく出来た良い子になったわ」と言い、古都は一瞬目を見開くがいつもの表情に戻って「うん」と答える







うーん、この家庭もワケありすぎだろ!!

で、晃介は古都が持っていたアナログカメラを捨てようとするのだけど捨てれず







古都は閉まっていた晃介宛の手紙と水族館のチケットを取り出し







そしてその場で破り捨てる。
美也の成績表をもらいに学校へ行った際に持ってきていたカメラを返そうとしたが、結局出来ず、捨てようにも捨てれず、そのまま写真屋に持っていきそのまま取りに戻らないつもりでいた。

晃介の父と母が家にやってきたときには流石に美也も顔を出しはしたものの、すぐに部屋に帰ってしまう







この件で、母に実家に戻って来いとかいろいろ口うるさく言われる晃介







父の方はそんな母に対して男はじっと耐えなければいけない。それが良い夫でもいるためにはなんて言う。そんな生き方につい「息苦しくないのか?」と聞いてしまう晃介。

両親が帰宅後、美也の部屋に向かった晃介は土下座し美也に不快な思いをさせたことを詫びる







美也の「本当にお父さんからじゃないんだよね?」って言葉に「誓うよ」っと答え、これでなんとか修復できそうな感じだったけど、そこに「美也のため」と、実家に引っ越しの事を話してしまったのでさあ大変。







「しばらく帰らないから」っと荷物をもって出ていってしまう。

晃介は飛び出した美也を探し出そうとする。そしてスマホのGPS機能を使用することを思いき、美也が渋谷駅にいること知る。その美也は現状唯一頼れる存在である正一郎と出会い、気を使わせないような事を提案してくる







さらにこの時正一郎は美也のスマホの電源を切ってしまったので晃介はこれ以上追うことができなくなってしまったが、渋谷につたい後は美也を探すためにひたすら駆け回る。そして血眼で店員の言葉も聞かず勝手に漫画喫茶の中に入っていけば







そりゃ警察呼ばれるよななぁ。

晃介は夜通し渋谷を探し回ったけど美也は見つからず。そしてもう一度GPS情報が送られて着てないかスマホを見た際に着信が!!それは会社からで朝から準備をする予定の家具フェアに晃介が着ていないので大丈夫かと。その事を思い出した晃介は脱力してその場に崩れ落ち、ただひたすら「申し訳御座いません」とつぶやくのであった







いろいろな事が晃介に襲いかかったことによるストレスで彼はついに古都の幻覚を見てしまう







でも彼女の幻覚をみるほどってことはそれだけ古都の事を求めているってことであり、そんな時に使い捨てカメラの現像の件で写真屋から電話がかかってきて受け取り、現像された写真を見る







この写真から古都は晃介との想い出を大事にしていたことが分かるものであった。







一方、古都の方は破り捨てた手紙を母によって修復され、そして夫に続き娘まで自分の元から去ってしまう事態に直面した母親はヒステリーをおこしてしまう。そんな母から手紙を奪い取り古都は家を出てしまう







そんな状態になっているとは知らない晃介は、古都からのメッセージを見て駆け出し彼女の元に向かう
そして古都と再会。彼女との会話にて彼女の母のことが語られるけど、でもそれは何方かと言えば哀れみの色合いが強いものだった。そんな古都に対して、晃介は古都のプライベートを侵す事になること覚悟で「君の寂しさを埋めてくれるの?」と聞く







それと同時に古都の母から電話がかかってくるけど、晃介はそれを切ってしまう。そして彼女のスマホと現像した写真を渡す。その後、以前古都から「私は良い子と悪い子、どっちに見えますか?」って問答に対し「悪い子には見えない」という答えに至る晃介。その後、晃介の匂いをかぐ古都







これは二人の関係は以前のように戻ったって事で良いのかな?
そして古都を家に送り届けた帰り道で古都の母と出会う晃介。そして彼女は晃介に対し下の名前を教えて欲しいと言われ、答えてしまう







古都の母は修復した際に手紙に書かれていた名前部分をスマホで撮影シていたのであった。うん、これはマズい。帰宅した古都と一悶着あることは確かだよなぁ。

って感じでこの巻でも息苦しい展開は続いており、色々ありつつも古都と関係はなんとか以前と同じく関係に修復できたと思った矢先に、美也の件以上に重い事象が発生する事になり、更に次巻はこの巻以上に重い状態になりそうなのですが、ホントこの物語どういう決着を迎えるのだろうか。ただ年の差の男女が惹かれ合うだけの話だったらどんなに良かったことか、そう思ってしまいます。


娘の友達に関する記事
娘の友達 3巻 - 父と古都との関係に娘が気づく時、二人の関係は・・・ -

関連記事










[ 2020/05/13 17:15 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FANZAセール


人気記事
プロフィール

マスオ

Author:マスオ
基本は買ってきた物(主に雑誌、漫画、同人誌関係18禁含む)の紹介、たまにゲーム、フィギュアの紹介、自分が気になったニュースに関する紹介とかやっています。

誠にすみませんが、当分の間コメントに対してのお返事を控えさせていただきます。

連絡先はmasuokun777※gmail.comになります。(※をアットマークに変更してください)


またこのページへのリンクはフリーです。

バナーリンク
スポンサードリンク
FANZA 電子コミック
FANZA 同人ランキング
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QRコード


ブログパーツ