FC2ブログ

E.M.D.2nd

自分の買ってきた物(主に漫画や同人誌、フィギュア関係)の紹介が中心 -エロ関係の記事が多めなので18歳未満の方の閲覧は控えるようお願いします-
2020 081234567891011121314151617181920212223242526272829302020 10

パラレルパラダイス 11巻 - 砂漠の街を囲む謎の軍隊。率いるのは、美しく冷酷な女騎士。彼女が砂漠を血に染める・・・ -

パラレルパラダイス 11巻 (AA) (Kindle版) (DMM電子書籍) (楽天) を買ってきました







前巻ついに魔女・ガリアを倒し、ミースの街も守った陽太。嫉妬深い神である仁科を目覚めさせるためにサンドリオへ向かうことに。
ここにガーディアンのペコが加わる事になり、彼女との珍道中模様が描かれています。
またサンドリオでは街を囲むように軍隊がおり、そして隊長である女騎士との戦いの様子が描かれています。
あとはいつものように交尾シーンはもちろんありますので、その点はご安心を!!


陽太とルーミとアマネ、そしてペコと一緒に砂漠の街・サンドリオへと向かう事になる。ペコは才能はあるけどガーディアンが故に外の世界を知らないのでミサキからこの機会にこの世界の不条理を経験させてやりたいという思いからであったが、当の本人は心底嫌がっていた(彼女が妄想していた男とのギャップがありすぎたため)







そんな感じで嫌がるペコを連れそれぞれユニコーン、バイコーンに跨り駆けていく。そして一日が終わりキャンプ。ペコは付近の見回りへ。その際に陽太からなにかあったらすぐに自分を呼べというけど、







この反応・・・

すると案の定というか、カルに囲まれる。最初こそ一人でカルを倒しまくっていたのだけど、巨大カルが登場したことで防戦一方に







巨大カルに掴まれ、顔面殴られ身体が動かなくなってしまう。そんな彼女に対してカルは服を破き、今まさに強●されそうになる







自分がこんなにも弱かったなんてと思い、「助けて・・・」と声にする。そこへ陽太が現れペコを助ける

陽太の声を聞いて逃げ出すカルをみて男ってズるすぎると思うペコ。







だけどそんな彼女の言葉にルーミは男と交尾するとハタチになっても崩月で死ななくなるのだけど、それを条件に好き勝手されてもおかしくないけど陽太はそんなことしない。それどころか崩月から解放するために命がけで闘ってくれる。だから唯一の男が陽太で良かったとを話す。またアマネはサンドリオの本にはかつていた男があらゆる非道を行った事が記されていたようだけど、それを聞いた陽太は「すっとこの世界にいればひょっとしたら」と思ったりする。ここに仁科が嫉妬深い神になったことと関係あるかもしれない?

そんな事があり翌朝、ペコが乗っていたユニコーンが逃げてしまっていた。バイコーンは処女では乗せてくれないので相乗りするには・・・っとさらっと交尾するぞっという陽太







ペコは嫌がるけど、股からは欲情の泉溢れていた。その後、ルーミからペコが裸の男の絵をいっぱい描いている事をバラされ、本当は男に興味あることをカミングアウトされるも、彼女の妄想の中の男と実際の男とのギャップがあり泣きながら全否定する。







でも結局彼女と交尾することに







で、ペコも他の女の子同様、交尾始めた途端にすぐに落ちてしまい、そこからはそれはもう、メチャクチャ激しく淫れちゃうのでした









そのあまりもの淫れぷりに、覗き見したルーミとアマネも欲情シて、お互いを舐め合ってしまうほど!!







このシーンは、これまたすげーことになっていたなぁ。
ペコ自身この交尾にてわだかまりもとけ、昨日助けてもらった事に礼をいうのであった。
こーして陽太達はサンドリオを目指す。途中でルーミが以前話をしていたこの世界の人間が出てくるという城があり、その件をルーミに詳しく聞くと







そこに住んでいる国母様なる人物は魔女なんじゃないか?って思える事が。うーむ、最終的にはこの国母様をどうにかしないといけないって展開になったりするのかな?

その後森にてコボルトに襲われ助けを求める女の子がいたのだけど、実はこの子はグールであり油断させてから食べようとして迫ってきた模様。ペコはそれにまんまと引っかかった感じになり、ルーミから武術に自身があるのはわかるけど、それだけじゃ街の外の世界は歩けない事を教えられるのであった







そんな事がありつつ、サンドリオが見えてきたのだけど、なぜか狼煙があがっていた。近づいて見てみると国母の直属の騎士達が集結していた。更にカヅチとバニーユが拘束されていた!!







この騎士の隊長であるナクタは陽太の居場所を聞き、カヅチがしらを切ると容赦なく彼女に攻撃を加える。さらに街の住人で首に情通の輪がある(つまりは陽太と交尾した住人)を連れてきて、容赦なく首をはねるのであった







どうやら国母から陽太を見つけ次第殺せ、更に男と交わった証である情通の輪のある者も全て処刑すると言う。

この言葉は陽太にまでは聞こえておらず、陽太の方はいきなり殺すことは無いだろうからっと考えて向かおうとする。
でもペコからは絶対にナクタには絶対に勝てないと言われるほどの猛者であることを教えられ。ルーミも「発情させればひょっとしたら」ぐらい、そのぐらいの強さがあること知らされる。でも住人が殺されているのをただ黙って見ていられずに、ナクタの元に向かう。
陽太は挑発し、彼女と一対一に持ち込む







これは作戦であり、予め騎兵団を下がらせておき砂嵐を使って彼女を孤立させる。そして6対1で戦うも勝てない。だから作戦を「いつものやつ」に切り替える。その作戦とは・・・







彼女の身体に陽太が直に触る!!
そーして彼女の身体の一部を露出させることに成功し、陽太が触ると・・・彼女も女であるため効いた!!

こーして陽太はナクタを拘束することに成功し、動けなくなった彼女の身体を触わり発情状態にさせる。







その後、彼女との会話からお互いが生き残るための選択肢を導き出す。それは交尾。
彼女は国母の命令に囚われており、交尾すると国母の国民じゃなくなる。だから交尾するっと
でも自分は和姦が良いのでナクタからおねだりスルように言う。もちろん彼女は拒否するので勝負をもちかけるものの、彼女は即声を出してしまう







こーしてナクタと交尾を。一方、ナクタをお仕置きするといってなかなか帰ってこないってことは交尾している?っと様子を見に行くと・・・







めちゃ激しく交尾シてました!!

そんな感じで前半はペコを連れての珍道中模様。後半はサンドリオの街を囲む国母の騎士団たちとの戦いの様子が描かてていました。
どちらの話も少し重めな空気がはいったりするものの、その後の交尾シーンが入ることで和らぐ感じになるので、この漫画の交尾シーンは色んな意味で重要度が高いなぁってことを改めて思ったりスルところです。
それにしても交尾になると、スる前はあんなにも頑に拒否していた女性たちが激しく淫れるという、このギャップが凄い事になっていたよなぁ。(特にナクタさんは凄かった)
あと、この巻からよく目にする事になった国母さん、なんか彼女もめちゃあやあしいのですが、この漫画的ラスボスだったりするのかな?あと次巻ではついに陽太が仁科を目覚めさせるようですが、彼女はどういう反応を示すのだろうか?


パラレルパラダイスに関する過去記事
パラレルパラダイス 10巻 - ガリアとの決戦!!圧倒的戦力差の前に陽太たちの勝つことができるのか!? -
パラレルパラダイス 9巻 - ミースの街に襲いかかる厄災!!魔女ガリアに立ち向かうガーディアンたちの運命は!? -
パラレルパラダイス 8巻 - 明らかになる魔女・ガリア、そして嫉妬深き神の正体!! -
パラレルパラダイス 7巻 - 陽太が異世界で目覚めるとそこは・・・美少女だらけの天獄! -
パラレルパラダイス 6巻 - リールの港町での戦い終結。小さな海の町に奇跡は起こる!! -
パラレルパラダイス 5巻 - 迫りくる決戦。そしていつものように美少女たちとの交尾 -
パラレルパラダイス 4巻 - 少女たちを救うために旅立った陽太に衝撃の事実が告げられる -
パラレルパラダイス 3巻 - 少女たちに襲いかかる呪いを目の当たりにし、陽太は一つの決断をくだす!! -
パラレルパラダイス 2巻 - 陽太はこの世界の女の子達を救うため、彼女たちと・・・ -
パラレルパラダイス 1巻 - 1話のビュルビュルビュル展開のインパクトが半端ない!! -

関連記事













[ 2020/08/05 12:51 ] 漫画 青年向け漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人気記事
プロフィール

マスオ

Author:マスオ
基本は買ってきた物(主に雑誌、漫画、同人誌関係18禁含む)の紹介、たまにゲーム、フィギュアの紹介、自分が気になったニュースに関する紹介とかやっています。

誠にすみませんが、当分の間コメントに対してのお返事を控えさせていただきます。

連絡先はmasuokun777※gmail.comになります。(※をアットマークに変更してください)


またこのページへのリンクはフリーです。

バナーリンク
スポンサードリンク
FANZA 電子コミック
FANZA 同人ランキング
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QRコード


ブログパーツ