fc2ブログ

E.M.D.2nd

自分の買ってきた物(主に漫画や同人誌、フィギュア関係)の紹介が中心 -エロ関係の記事が多めなので18歳未満の方の閲覧は控えるようお願いします-
2021 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312022 01

葬送のフリーレン 2巻 - 物語は、追憶と共に新たな局面へ!! -

葬送のフリーレン 2巻 (AA) (Kindle版) (DMM電子書籍) (楽天) を買ってきました







英雄たちの「系譜」を紡ぐ後日譚ファンタジーの第2巻。
長生きなエルフの魔法使い・フリーレンは弟子の魔法使い・フェルンと旅を続けており、前巻の最後にその目的地は勇者達の魂が眠るとされている地に決まる。
今回その度の途中でアイゼンの弟子・シュタルクとの出会い、そして新たな局面へ!!
この巻からシュタルクがパーティーに加わるのですが、彼が加入シたことで会話に幅ができるようになり、旅が更にいい感じになって来ていますよ!!(フェルンもいろいろな表情を魅せてくるようになったし!!)


フリーレンは魂の眠る地を探してヒンメルと話すことになり、その場所は魔王城があった場所。
で、馬車の中でフリーレンは寝てしまったので、フェルンはアイゼンと話すことになり、そこでフリーレンは「いい師匠か?」っと聞かれる。どうか分からないと答えるフェルン。
でも旅を初めてからは誕生日プレゼントをくれるようになったっと話す。







そこからアイゼンはかつて勇者一行で流星群を見た際に、一人で旅をしようとするフリーレンに「弟子はとらないのか?」っとアイゼンは聞いたけど、その際には「時間の無駄」と答えていた。でもその彼女が現に弟子をとっている・・・。アイゼンは







「いい師匠だ」とフェルンに告げるのであった。
その後、アイゼンと別れるのであったけど(アイゼンは自分は足手まといだと言って一緒に行くことはなかった)、ヒンメル達と一緒に過ごした10年がリーレンを変えた事にアイゼンは面白いものだなっと言うのであった







道中で最近村人が消える問題に遭遇し、そこへ向かうと幻影魔法が使われた形跡があった。どうやら原因は幻影鬼のしわざでその人にとって大切だった人の幻影をみせる模様。そして二人にもその幻影魔法が襲いかかる!!
フェルンにはハイター







フリーレンにはヒンメル。でもヒンメルはフリーレンに「撃て」と言い







フリーレンもためらわずに魔法を放つ!!勇者がマジで勇者しているよなぁ。ってかこれ完全に両思いだよね!!

峡谷で竜の巣に魔導書があり、竜に魔法を当てみるも硬いため効かず







迫ってくる竜から逃げる際のフェルンの一瞬遅れた反応と、その後の首をふる姿が良かったなぁ。

その後、アイゼンの弟子であるシュタルクと出会う







彼はあの竜が村に現れた時に竜を前にして一歩も引かなかった男らしい。
で、彼と会ってみてなんで竜を倒さないのかと聞くと、あのにらみ合いは怖くて一歩も動けなかったっと。でも竜が引いてくれた後、竜は村に襲いかかってこなくなったので英雄扱いされ逃げるに逃げられなくなってここに留まっているっと。
その話を聞いた時のフェルンのゴミを見るかのようなこの表情






実際にシュタルクと出会ったことで、よりフェルンがいろいろな表情を魅せることになって可愛いさが倍増したと思いますよ!!
ここの







むすー顔も非常に良かったし!!

でもシュタルクの強さは本物であり、斧を振るってこんな風に崖叩き割る奴が弱いわけないだろって!!







そして竜と対峙する日。シュタルクは逃げずに現れ







そして竜の前に立つが竜は攻撃してこない。そう、シュタルクを警戒していたのであった。竜が村を襲わないのにはしっかりとした理由があり、それはシュタルクが強いから!!







竜も一撃で倒してしまうし!!

で、巣にあった魔導書は透けて見えるモノらしいのですが、シュタルクのをみて







「ちっさ。」というフェルンさん、いい表情してるわ!!(比べる相手はハイターだしなぁ。それは仕方ないんじゃないだろうか)

その後、シュタルクを仲間に加えて旅を続ける一行ですが、関所から北側へ通行できなくなっており、一端ここでパーティーを解散する。この後のシュタルクとフェルンのやり取りがいいですなぁ







それとシュタルクのこの言葉、ハイターの死期が近づいている際にフェルンと同じようなことをしようとシているので、彼女的には満点な答えだったんだろうなぁ







そしてその後もシュタルクが加わった事で会話のやり取りに幅が大きくなってすごくイイですなぁ。









あとまたヒンメルさんがマジでイケメンすぎた!!







北側諸国のグラナト伯爵領にて魔族と出会う。それを見た途端フリーレンは攻撃を仕掛けよとして牢に打ち込まれる。
この魔族は和睦の使者らしく、情報を集めてきたフェルンから色々と聞く事に







で、フリーレンがなぜ攻撃を仕掛けようとしたのかって理由ですが、実体験から魔族との対話はムダであることを知っていたから。







魔族の使う言葉は人類を欺く術であり、実際にグラナト伯爵との対話で一触即発の場を収めたりする。







そんな魔族の中で手柄を立てたい一人が障害となりえるフリーレンを殺そうとやってくるが・・・







まあ彼女に勝てるはずないよね。魔族の事を知っているからこそ、彼らの言葉にも耳を傾けないし!!

その後、脱走したフリーレンとフェルンは合流し、フリーレンは今回この領地に進撃しようとしている魔族のアウラと、フェルンはリュグナー、シュタルクはリーニエとそれぞれ対峙することに






リュグナーはフリーレンの事を思い出し、彼女を「葬送のフリーレン」と呼ぶシーンがすごくカッコよかったなぁ







二つ名付きで呼ばれるとか、いいよねぇ。そしてアウラを見下ろすフリーレンがまたカッコいいのなんの!!

そんな感じでこの巻では魂の眠る地を探す為に最北を目指すフリーレンとフェルン。途中でアイゼンの弟子であるシュタルクを仲間にして向かうって展開になっており、シュタルクが仲間になった事で会話がより楽しくなったし、フェルンがよりいろいろな表情を魅せてくるようになり、それがすごく楽しみになりましたよ!!(シュタルクもまたイイ反応を見せてくれるんだよねぇ。)
緩む部分とキリッとする部分のオンオフがまたいい感じですよねぇ。
そして現れた魔族。ホント人間とは根本的に違っているので対話なんて無理って事が分かったわけですが、出てきたアウラはやっぱフリーレンによって瞬殺されるって感じなのかな?
次巻の展開が気になります!!


葬送のフリーレンの記事
葬送のフリーレン 1巻 - 英雄たちの生き様を物語る後日談ファンタジー -

関連記事











[ 2020/10/28 18:52 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FANZAセール
人気記事
プロフィール

マスオ

Author:マスオ
基本は買ってきた物(主に雑誌、漫画、同人誌関係18禁含む)の紹介、たまにゲーム、フィギュアの紹介、自分が気になったニュースに関する紹介とかやっています。

誠にすみませんが、当分の間コメントに対してのお返事を控えさせていただきます。

連絡先はmasuokun777※gmail.comになります。(※をアットマークに変更してください)


またこのページへのリンクはフリーです。

バナーリンク
スポンサードリンク
FANZA 電子コミック
FANZA 同人ランキング
検索フォーム
月別アーカイブ