FC2ブログ

E.M.D.2nd

自分の買ってきた物(主に漫画や同人誌、フィギュア関係)の紹介が中心 -エロ関係の記事が多めなので18歳未満の方の閲覧は控えるようお願いします-
2021 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 09

ふかふかダンジョン攻略記~俺の異世界転生冒険譚~ 3巻 - 「ふかふかダンジョン」に挑む最強最高の冒険者たちが続々登場!! -

ふかふかダンジョン攻略記俺の異世界転生冒険譚~ 3巻 (AA) (Kindle版) (DMM電子書籍) (楽天) を買ってきました







ガチンコ異世界転生大冒険の第3巻。
今回は前巻に登場したレピアやクロスに加え、盲目人バトや弓王ボーゲンといったふかふかダンジョンに挑む冒険者たちが登場。
ジャン達はレピアを除く彼らに技を教えてもらったり、彼らの技術を実際に見たりすることで、ジャン達パーティーのレベルが上っていく事に!?
またこの巻でも知識面での話がかなり書かれていたりします!!


最初はレピアが一人でどのようにして薄く長いレイピアを使ってゴブリン、オーク達を倒す様子が描かれています。







ゴブリン達は雄が淫獣であれば雌も淫獣であり、「エロス」(隠すこと)を知らないってことでそこを逆手に取ってゴブリン達は自分の舞に目が離せない状態にし、そこへ一撃。







ゴブリン達の大半は何が起きたのか全くわからないまま死んでいくのであった。

話はジャン側へ。クロスとレイドを行い、そこでクロスボウでの凄さを目の辺りにする。そしてクロスから普通の弓をクロスボウ化して小型の矢を発射出来るものを教わるのであった







その後、夜は交代で見張り。レッドキャップに見つからないように恐怖しながらの見張りであった







ってかここのレッドキャップの怖さはヤバかった(手足斬られている人間がレッドキャップの怖さを物語っていたぜ)

そして無事にレイドを終え帰還したジャン達はそこで「盲目人」バトと出会うことに。彼女は舌打ちの音で周りを見る「音見」を使っていた。







でも口調が想像していた「盲目の聖女」みたいなのとは違っていたので、驚いていた。

その後、彼女から「音見」が一定以上うまかったら、それだけで下部ダンジョンパーティーからお誘いが来るって話を聞いて練習することに。ジャン達は実際に目隠ししてみるが、初めてでもなんとなく分かるのものであったが、バトの音見はほんとに盲目なの?ってくらいのレベルであった







練習を終えた後にお風呂に入る女性陣。そこでアロの以外が事実が判明したりする。









またこの女性陣の一部はちよっと狂っている所があるってことをナギは改めて思うのであった

翌朝も音見の練習をするジャン達。そのなかでジャンは次のステップに踏み込みはじめていた







あとバトがなんでジャン達に音見を教えたかの理由ですが、音見の技でどこかのベテランパーティーに入れるようになって「あんなヤバイパーティー」を解散出来たら八方良しの「人助け」になるからってことらしい。
やっぱジャン以外女子だけのパーティーであることは音見から分かっていたんですね。

それとバトの抜刀術に関するコツについても描かれていたりします







また深き不可知の迷宮にある一つの人間の施設に突如攻城兵器による攻撃がされる







しかもそれたは馬や牛、川を攻撃用途として使っていた。そこへレッドキャップによる襲撃により、その施設は壊滅的打撃を受ける。この「見えない大軍」を使われたら、ジャン達のいるアイギスすらも危ないっとその事を伝えに向かおうと女性兵士がいたが、目の前にオークが現れた!!しかもコイツは自分を欲しがっている!!最初は「くっ・・・殺せ」というのだけど、彼女の脳が「生き残る」ために「生命保持のため」に全力を尽くしオークを誘う









これにオークが応えてくれたとで彼女は飼ってもらうことになり、結果的には生きながらえるのであった

ちなみに今回はオークエンペラー・テオの実験であり、見事に成功。この少数戦力の「ステルス性」、大規模戦力の「携行弾数」そして少数戦力にはない「大量投射のためのエネルギー」を家畜や川や高所の土砂が持つ位置エネルギーで確保した「古代のステルス爆撃機」であった

話は再びジャン側へ。クロスから教えてもらった握り込み式クロスボウ化フレームをちゃんとしたモノにして、さらに無反動矢を作る







そしてその矢を使って鉄板射貫きに成功するのだけど、そこ他の冒険者が現れる。彼は秘伝の鎧射抜きを訓練していた所を見てしまったっとすごく狼狽しながら謝る







(現代風でいうと重大な軍事機密であるために、彼はここまでの反応をしていた)
でも銃火器や爆弾の威力を知っているジャン的にはこれに関する認識がすごく緩く、お金で彼に教えることになる。
その彼の名はボーゲン。SのA級冒険者だった!!







彼は鉄の鎧も貫通させたことはあるが、技ではなく力任せだったもよう。
そして実際に試してみて笑いが止まらなかった







そして今回の無反動矢で彼の持つ超強弓でフルパワーショットを放つと3m厚の鋼板を射抜いてしまう
それを見たアロは彼に弓を教えてもらいたいというが、基本はしっかりしていると言われる。その差は







練習と経験の量だと

そんな感じでボーゲンと別れる。ギルドでウッキウキなボーゲンにバトが話しかけいいことがあったというので、ついに童貞を卒業したのかなんて話をする。そこから彼は弓一筋なので女遊びぐらい覚えては?なんていうのだけど







ボーゲンの生き様を知ることになったのであった







ジャンの方はボーゲンが持っていたような超強弓に興味を示すのであった・・・







って感じで今回はクロスや殺戮聖女レピアや盲目人バト、そして弓王ボーゲンっといった最強最高の冒険者が登場。ジャン達はクロス、バト、ボーゲンと接することで彼らの凄さを間近で感じ取ったり、技を教えてもらうことジャン達の戦力も上がっていく強くなっていく様子が描かれていました。また前巻であったオークエンペラーのテオは「古代のステルス爆撃機」的な実験をしており、やっぱこの二人はどこかで戦うことになっていくのかな?
あと今回出てきたレッドキャップはKAKERU氏が描いている「科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌」でも登場しますが、あちらは生態って面が強かったけど、こっちではその恐ろしさ、怖さが全面に押し出されていましたなぁ。
それと知識部分が多くなってきている感があり、それはそれで読んでいて面白いのですが、ジャン達が冒険に出かける頻度がすくなくなってきている感があるので、ここもう少し・・・って思ったりしました


ふかふかダンジョン攻略記俺の異世界転生冒険譚~の記事
ふかふかダンジョン攻略記~俺の異世界転生冒険譚~ 2巻 - 素っ裸で生存する基本教練を受けるジャン達。更にとんでもない出会いが!! -
ふかふかダンジョン攻略記~俺の異世界転生冒険譚~ 1巻 - 異世界に転生した元・派遣社員が超巨大ダンジョンに挑む! -

関連記事










[ 2020/11/11 08:47 ] 漫画 青年向け漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FANZAセール


人気記事
プロフィール

マスオ

Author:マスオ
基本は買ってきた物(主に雑誌、漫画、同人誌関係18禁含む)の紹介、たまにゲーム、フィギュアの紹介、自分が気になったニュースに関する紹介とかやっています。

誠にすみませんが、当分の間コメントに対してのお返事を控えさせていただきます。

連絡先はmasuokun777※gmail.comになります。(※をアットマークに変更してください)


またこのページへのリンクはフリーです。

バナーリンク
スポンサードリンク
FANZA 電子コミック
FANZA 同人ランキング
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QRコード


ブログパーツ