FC2ブログ

E.M.D.2nd

自分の買ってきた物(主に漫画や同人誌、フィギュア関係)の紹介が中心 -エロ関係の記事が多めなので18歳未満の方の閲覧は控えるようお願いします-
2021 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 09

専業不倫~堕ちていく主夫と主婦~ 3巻 - 禁断の蜜を味わった元恋人は貪り合う・・・ -

専業不倫~堕ちていく主夫と主婦~ 3巻 (AA) (Kindle版) (DMM電子書籍) (楽天) を買ってきました






インモラル恋物語の第3巻。
帰省先でついに一線を越えた陽人と星奈。
一夜の過ちをなかったように振る舞おうとするも、一度点してしまった欲望の炎は抑えきれなくなっており、二人のもつれた家庭事情の事もあって、再び・・・


実家から戻ってきた陽人。妻の月輝子との日常模様が描かれています。
あの夜、星奈とシてしまったもののその際に感じた「痛み」。これがあるうちは月輝子を愛しているっと。そして彼女を抱き星奈と同じぐらい鳴かせたいっと思うのであった







月輝子を送り買い物帰りに例の秘書と鉢合わせになる。その際に同窓会で星奈と交尾シたのかと問われるが芝居で嘘をついて切り抜ける。







相手側はその嘘に騙されていた。
その後、星奈の事を思ったりしながらウトウトしてしまい、気がつくと夜。急いで飯の用意・・・っと思ったのだけど月輝子からは会社に泊まり込むとの連絡が。仕方ないっと思いつつもズキンっと痛みが走りつつ、夜を過ごす。

翌日、洗濯やクリーニングを出しに行った帰り道に星奈と再会。同じマンションであるがゆえに会わないと思っても会ってしまう。そしてエレベータの中で星奈との会話から12階に着いたのだけど、星奈は掴んだ手を離さない。そして彼女は「ふりほどいて」というのだけど、その表情は・・・







こーしてまた星奈とシちゃうのであった。星奈に自分でシているところを魅せてもらったりする













そしてその際に陽人との初Hの事を思い出しながらシている事を告げられ、その思い出の中で陽人は星奈に対してナニをしているのかと問うと、星奈は「忘れちゃった?」というのだけど、それは忘れられるはずもなく、陽人は星奈に初H時と同じく「好きだ」っと言う。それに対して星奈もあの時に陽人に対しての返答を口にする







そんな感じで再び交わった二人。シ終えた後、なんで別れてしまったのかと改めて思う二人。そしてその時は子供のままだったからって事を思い直し、そして大人だったら結婚してたのかな?なんて思うのであった・・・







でもここで星奈側から離れ、そして悪いのは自分だと言って元の二人に戻る事に







陽人の方は星奈と1つになれたけど、それと同時に「月輝子と夫婦になったのに・・・」と思う。そんなタイミングで月輝子が帰宅。彼女は疲労困憊で陽人の方は見ていない。なのでなぜ陽人がクルーネックを着ているのかも訪ねてこない。

でも月輝子からどこか行こうと言われて、翌日は久しぶりにお出かけ。そして「ぜいたくな時間」を堪能。
その後、彼女から空いた時間の理由を聞かされる。だからこそ彼女はこんな時間をもっと作ろうとしているのかと思ったけど・・・そうはならなかった









そんなやれる力があり、凛とした月輝子の表情に憧れた陽人。その夜は久しぶりに月輝子を抱く。今回は中折れせずに最後まで出来たのであった







月輝子が笑顔で良かったと思う陽人であったが、心はイガイガがあった・・・・
そんな時に星奈と再会。心のイガイガが強くなりまた彼女から袖を引っ張って欲しいと願ったけど、そんなことは無かった。おそらくもう星奈から袖を引っ張ることはない。そう思えた・・・

その後、月輝子を支えたいと思ってはいるけども、彼自身は失敗シたことがトラウマとなり、一歩前進できない。そしてその「辛い」って気持ちは月輝子には言えない・・・。
いろいろな感情が駆け巡る中、今度は陽人から星奈の手を引っ張る







そしてお互い壊したかったのは「自分」である事を告げ、そして自分の気持ちを星奈に告げる。その後星奈はどうなんだと聞くと







そして月輝子との寝室で星奈と。今回は前回以上にお互いを曝け出しあいながら、交わる。星奈もすごく表情を魅せながらイッちゃう











その後、陽人と星奈はそれぞれ本音を言い合い、そして一緒にいてこんなに安心できるのは星奈だけだという。星奈も陽人が必要だというのであった







一方、仕事で再開した夕一郎と月輝子。夕一郎は近状報告したくってという。その際になんかアレな事を告げる







高校時代から共犯者!?
もしかして陽人と星奈を別れさせることを画策したとか、そんな感じなのかな?

そんな感じで前巻の最後についに一線を越えてしまった陽人と星奈。その後は何もなかったかのように過ごすのだけど、でもあの「灼けるような夜」は、心の奥底に火を点しており、そして二人は・・・って感じであり、それぞれ配偶者には言えないことを口にできる安住の地を手に入れ、お互いが必要だと思うようになり、このままだとそれぞれ最悪な結末に向かうのが目に見えている感じですよねぇ。
それとは別に夕一郎と月輝子の「共犯者」って所がすごく気になるなぁ。そのあたり次巻で明らかになるのかな?


専業不倫の記事
専業不倫~堕ちていく主夫と主婦~ 2巻 - 思い出の町で二人は一線を越える・・・! -
専業不倫~堕ちていく主夫と主婦~ 1巻 - 「主夫」と「主婦」による禁断の関係が始まる・・・ -

関連記事










[ 2021/01/12 08:56 ] 漫画 青年向け漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FANZAセール


人気記事
プロフィール

マスオ

Author:マスオ
基本は買ってきた物(主に雑誌、漫画、同人誌関係18禁含む)の紹介、たまにゲーム、フィギュアの紹介、自分が気になったニュースに関する紹介とかやっています。

誠にすみませんが、当分の間コメントに対してのお返事を控えさせていただきます。

連絡先はmasuokun777※gmail.comになります。(※をアットマークに変更してください)


またこのページへのリンクはフリーです。

バナーリンク
スポンサードリンク
FANZA 電子コミック
FANZA 同人ランキング
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QRコード


ブログパーツ