fc2ブログ

E.M.D.2nd

自分の買ってきた物(主に漫画や同人誌、フィギュア関係)の紹介が中心 -エロ関係の記事が多めなので18歳未満の方の閲覧は控えるようお願いします-
2021 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312022 01

褐色編集さんとショタ漫画家 2巻 - 連載権をかけたラブコメ対決に向けて、愛理のサポートはますます過激に!? -

褐色編集さんとショタ漫画家 2巻 (AA) (Kindle版) (DMMブックス) (楽天) を買ってきました







褐色で美人でちょっとHな編集さんとの日常(?)コメディの第2巻
今巻では美少女漫画家の天使まりあと連載権をかけてラブコメ勝負をすることになった凪の様子が描かれており、その事で弱メンタルぷりを披露するも凪に愛理は色々とサポートシてくれる、そんな様子が描かれています!!(そしてなんだかんだで凪をうまくコントロールしてくれるところは流石・・・)
そして前巻同様にアレなシーンも描かれていたりシますよ!!


ことの発端は愛理に同じ編集者の灰田が絡んできて、凪の漫画より自分の担当の作家の方が面白いラブコメを作れるっと喧嘩を売ってきた所から







そしてふたりとも次はラブコメを描かせる予定って話になり火花を散らし、どちらが面白いラブコメを描けるかの勝負へ(凪の意思関係なく)

そこに編集長(バーチャルアイドルにハマっている)からの案で同じ号にそれぞれの作品を掲載し、読者アンケート勝負をするって話へ。しかもこの勝負に勝った方は







晴れて連載となる!!

って話を愛理から聞かされることになった凪。最初はもちろんやる気なかったけど、愛理の力業によってラブコメを描くことになってしまう。







一方、灰田側も自分の推している作家・まりあのこの事を話すのであった(新キャラ登場して即乳首券発行されている・・・)







で、このまりあはいきなり凪の家に現れる







そして凪に「あなたに恋してます」とか言い出す。そりゃ凪でなくても「危ない人」って認識になるのも致し方ないよなぁ。ってか彼女はどことなく世間ずれシている感がある・・・







その後、凪も灰田さんが登場し、まりあの担当編集が灰田さんであること。そして凪のところにやってきた理由を語る(対決の話を聞いて凪のことずっと考えていたので会いに来た)
そして灰田さんは愛理の事を悪く言うので謝るように彼女にしがみつく!!その際にスボンが脱げてしまうハプニングが!!







これにより負けたらただじゃ済まない状態になってしまう。

その後、勝負のことを考えていた凪はイマジナリユイナちゃん(凪の作品キャラ)が見えるようになってしまう







それを見た汐は愛理に連絡し、週末に取材の為にプールへ向かう
イマジナリユイナちゃんは凪が理想のヒロインを求めて彷徨っている状態だから見えているので、自分たちが理想のヒロインを演じれば現実に戻ってくるっと







汐は理想のヒロインって自分のことじゃないっと凪をプールへ誘うけど、おっぱいポロリなハプニングが!!







本来ならここで顔を赤らめて恥ずかしがったりすれば凪も現実に戻ってこれたのかも知れないど、ウェルカムな反応シてしまうので、凪の方が引いてしまう。

そんな凪を愛理さんがいい感じに現実に引き戻してくれた







大事なプロットが風に流され、横着して戻る時に小さい穴に入ったら出れなくなった凪。そこに灰田さん、まりあ、愛理さんが登場







そして愛理さんが凪をからかいつつも、凪の力を抜いてくれて無事に脱出するのであった







編集部でまりあと出会い、原稿を見せ合うことになる(何故か着物がずれたりしたけど)







そこに愛理が現れ、そのまま打ち合わせになるのだけど、何故か凪は愛理の膝の上に乗ることに。それをみて羨ましがるまりあ。そして最終的には







二人の膝に乗ることになってしまった凪であった。

あいりの原稿が完成しないという連絡を受け、彼女にラブコメの良さを教えることに(彼女もラブコメを描くのは初めて。今まではバイオレンスな愛憎劇モノを描いていた)







そこで凪の言葉(肝心な部分を省略して話したので、愛の告白みたいな感じになっていた)にて描けるようになる(これが今後面倒なことにならなければよいのですが・・・)







そしてまりあの原稿も完成し、ウェブと雑誌に読み切りが掲載され、どっちが面白かったかの投票が始まる。その件で結果を見るのが怖くて見ることが出来ない凪。そんな凪を愛理さんが自宅へ招待する。そして彼女は気分転換に凪に筋トレをさせるのだけど・・・









運動だとはいえ、いろいろと刺激的なポーズが多いのですが!!

その後、アイピローをした凪にリラックスさせようとシたりさせる







動機はあがりぱなしだけど!!

最終的には凪も結果を見る決意をして、見ると僅差だったけど!!凪の勝ちだったそれに喜ぶ凪に愛理は







センセイではなく「凪君」と耳元でささやくのでした!!
勝負には勝てたけど、これはますます波乱なことが起きそうな感じですなぁ。

って感じで新キャラ登場して連載のための勝負をすることになった凪。愛理さんのなんだかんだで的確なアドバイスやサポートを受けて勝負には勝つことが出来たのでした!!
でもまりあは凪の言葉を勘違いしたまま恋をしてしまった感があるし、愛理の最後の言葉もあって(姉の汐は最初からだし)、今後は凪を巡る恋のバトルが始まりそうな気がしなくもないけど・・・一体どうなってしまうのだろうか?
それにしても愛理さん、なんだかんだで凪へのこと分かってくれているよなぁ。凪は迷ったり、勇気がだせなかったりすると、それを解決したりうまく導いてくれているし!!(からかう感じなのは凪的に困りものだろうけけど)
それにしても最後の「凪君」発言の真意はどうなんだろうか?次巻の展開に目が離せませんなぁ。


褐色編集さんとショタ漫画家 の記事
褐色編集さんとショタ漫画家 1巻 - 褐色美人の編集者さんが(文字通り)一肌脱いで徹底サポート!? -

関連記事











[ 2021/06/23 09:13 ] 漫画 青年向け漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FANZAセール
人気記事
プロフィール

マスオ

Author:マスオ
基本は買ってきた物(主に雑誌、漫画、同人誌関係18禁含む)の紹介、たまにゲーム、フィギュアの紹介、自分が気になったニュースに関する紹介とかやっています。

誠にすみませんが、当分の間コメントに対してのお返事を控えさせていただきます。

連絡先はmasuokun777※gmail.comになります。(※をアットマークに変更してください)


またこのページへのリンクはフリーです。

バナーリンク
スポンサードリンク
FANZA 電子コミック
FANZA 同人ランキング
検索フォーム
月別アーカイブ