FC2ブログ

E.M.D.2nd

自分の買ってきた物(主に漫画や同人誌、フィギュア関係)の紹介が中心 -エロ関係の記事が多めなので18歳未満の方の閲覧は控えるようお願いします-
2021 081234567891011121314151617181920212223242526272829302021 10

比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っている。 4巻 - 魔女との再会に、二人の「絆」が試される -

比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っている。 4巻 (AA) (Kindle版) (DMMブックス) (楽天) を買ってきました







深い絆で結ばれた幼馴染の高校生による異色のラブストーリーの第4巻。
この巻では二人が再び魔女の出会い、それぞれの約束について詳細を確認する、そんな様子が描かれています。
そんな中でも日菜子は大変エロいって事が改めて判明したりも!!(自慰シている時の日菜子の表情は大変エロかったなぁ)


日菜子はあの時の央樹の事を思い出して自慰をシていた。









で、イキそうになった時、央樹に伝えるの忘れたっと慌ててスマホに手を伸ばす。

その央樹の方は日菜子のことが分からないっと悩み、その後魔女との約束を思い出し、もしかして浮気認定されてしまい、日菜子に振られている・・・?っと考えてしまうのであった







そんなタイミングで日菜子から電話があり、振る話でないことに安堵するも、日菜子との会話から彼女の機嫌を損ね、そして恥ずかしい罰が必要だと言う。ちなみにまだ自慰の途中だったので、日菜子はビデオ電話しながら自慰シしてしまうのだけど、それを央樹は見ることになる









それにしても上の日菜子の表情、クソエロかったなぁ。

その後、日菜子から央樹との関係について色々と考えているのだけどちょっと問題があること。それを日菜子がなんとかするって事を伝えて電話を切る







こーして日菜子は今度の休みにあの神社に向かう決意をするのであった。

そして央樹の友達による学校では心理テストが行われ、日菜子は辱めされるのが大好きなドMであることが判明。







これに対し、日菜子は反論するけど、妙に納得がいく央樹であった

その後に日菜子は友達との会話から「穿ノ森神社」について会話が有り、日菜子がそこに向かおうとシていることが判明する。それを聞いた央樹は







自分の「大切なもの」が奪われる!?っと危惧する。

で、日菜子は「穿ノ森神社」にて央樹とずっち一緒にいられるようにっと願いをする。







その際になにかに見られている事を感じる。すると日菜子の目の前に二股しっぽのネコが現れる。央樹の方も遅れたものの穿ノ森神社へ向かうと、ネコに襲われそうになっている菜々子を見かけ、慌てて駆け寄り身を挺して守ろうとする。すると空間が止まったっと思ったら・・・







魔女が姿を表す!!

日菜子も止まった状態になり、央樹は魔女に聞きたかったことを聞こうとする。魔女は場面を変えて央樹と話す







魔女は日菜子が央樹を想っていろいろ自慰行為をシていることを赤裸々に話し、それでも日菜子のことが好きか?っと尋ねる。
央樹はそれでも菜々子のことが好きだと返答し、魔女からは合格をもらう。
央樹は「大切なモノを奪う」の意味について確認すると







結構恐ろしいことを言ってくる。でも菜々子のことを好きで居続ければ大丈夫だとも言われる。

最後の質問をしようとした所で時間になり、今度は菜々子の番に。魔女ナニかを言う前に央樹に駆け寄り、絶対に渡さないと言うのであった







その後、魔女に聞きたかった事を聞く菜々子。それは「セッ●スってどこからがセッ●スなのか?」ってこと







その定義について詳細を聞きたがる菜々子。魔女に「そんなにしたいのか」っと聞かれての返答が







コレ!!
央樹以上に性欲が強いなぁ。

で、魔女からここからセッ●スって場所に近づいたら合図を送るっと言われる







その後、おまけをやると言われて魔女は消える。
元に戻った二人はそれぞれ魔女との会話を思い出す。その後、面と向かった日菜子は央樹がなぜここに来ているのかについて話をすることになるのだけど、そこから彼女は線引きの話をするのだけど、どれもヤバめな線引だったりするのであった(ホント日菜子はドエロイなぁ。)







その後、魔女の言っていた「おまけ」の意味が判明することに。二人を除いて全員時間が止まったままになっていた。で、央樹と別れたけど、その後日菜子が考える内容が相変わらずエッチな事であり







そして央樹の家へ向かい、食事を作ると言い出す(家の近くに何やら怪しい影がうろついていたりするのもあって)







その後、彼女は泊まることになるようだけど・・・







果たしてこの二人だけが動ける状態になった空間にてどんなことが発生するのだろうか?

そんな感じで二人が魔女と再開して、それぞれの内容を確認したって内容でしたが、ホント日菜子さんってエロいことばかり考えてませんかねぇ。(まあそんな彼女がエロくてイイんだけどさ!!)
しかも二人しか動いていない空間に閉じ込められてしまったので、そりゃもうヤることは一つ・・・なんて菜々子の方は特に強く想っているんじゃないって感じですが、本当にこれから一体どうなってしまうのか、凄く気になるところです!!
それとこんな制約をキメた魔女の真意もすごくきになりますねぇ。(菜々子の央樹大好きな事を知った時の独り言が凄く気になる・・・)


比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っている。に関する記事
比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っている。 3巻 - 肉食爆乳女子が央樹に迫り、央樹を巡るバトル勃発!! -
比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っている。 2巻 - 相手の自慰を覗き見できるようになった二人は相手への愛情と性欲がますます高まっていく -
比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っている。 1巻 - 内緒の覗き合い型、ラブストーリー、開幕!! -

関連記事










[ 2021/07/24 16:19 ] 漫画 青年向け漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FANZAセール


人気記事
プロフィール

マスオ

Author:マスオ
基本は買ってきた物(主に雑誌、漫画、同人誌関係18禁含む)の紹介、たまにゲーム、フィギュアの紹介、自分が気になったニュースに関する紹介とかやっています。

誠にすみませんが、当分の間コメントに対してのお返事を控えさせていただきます。

連絡先はmasuokun777※gmail.comになります。(※をアットマークに変更してください)


またこのページへのリンクはフリーです。

バナーリンク
スポンサードリンク
FANZA 電子コミック
FANZA 同人ランキング
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QRコード


ブログパーツ