fc2ブログ

E.M.D.2nd

自分の買ってきた物(主に漫画や同人誌、フィギュア関係)の紹介が中心 -エロ関係の記事が多めなので18歳未満の方の閲覧は控えるようお願いします-
2022 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312023 02

ぼっちの僕に強制彼女がやってきた 2巻 - 偽恋人との生活に変化の兆し!? -

ぼっちの僕に強制彼女がやってきた 2巻 (AA) (Kindle版) (DMMブックス) (楽天) を買ってきました







会社の先輩女性から、息子の恋人になって欲しいと詰め寄られた亜沙乃。その事実を知るも、落ち込んだ母と顔を合わせるのは嫌だと応じた周平。
こーして二人は3カ月間限定の偽恋人を演じることで、丸く収めようと考えた二人。でも周平の同級生に誘われてWデートをすることになってしまう。偽恋人だとバレすにWデートを終えられるのだろうか?また周平、亜沙乃共に、それぞれ過去にあった事象が判明していく。そして周平は亜沙乃と「綺麗に別れる為」にっと動き出す!!


戻ってきて早々に立山からどういう経緯で付き合うことになったのかを聞かれるのだけど、亜沙乃が上手に周平に合わせてくれた







で、そこからなんで周平の事が好きになったのか分かるって、立山の彼女さんが言う。ダメ男に疲れた後の女が選びそうだっと。つまり亜沙乃は過去にナニかあった!?って想像するも、即否定される







その後、周平のどこが好きで付き合い出しのかっと言われて苦し紛れで返答するわけですが、でも実際、そのとおりになったりするので、皆から「意外」だと斉唱される。







そんなやり取りしていると立山の電話が鳴り、急な仕事があって彼女さんと共に去っていく。
なんとかバレる事なくこの場を乗り切った二人。
その後、花火を楽しむ







で、周平がさん呼びしたことで罰ゲームを受けることになるのだけど、亜沙乃の方は思いつかなく後日ってことに。アウトドアも花火も久しぶりなので誘ってくれた事に感謝するけど、それに対しての周平はまた悪癖がでてしまうのでした







亜沙乃には誘おうとすれば友達いるでしよって思う周平ですが、友達はいないと返答してくる(前にはいたっと悲しげな表情をする亜沙乃)。
嘘でしょって言い返そうとするも、彼女のこと深く知らない・・・。そんな感じでこの日は帰宅する







起床した際に、母が熱を出して寝込んでいたので、ゼリーとかスポドリを購入してくる、すると母が急に泣き始めてしまう







そんな母を安心させるために「彼女が出来た」って嘘を付き始めて一ヶ月が経過。
彼女の荷物を持ちに付き合う感じで歩いていると、彼女から妙な圧があり、そんな彼女の目の前にあるガラスの鳥を購入することになるのでした







そんな亜沙乃を見てて友達がいないっていうのはどう考えてもおかしいって思う周平。故に周平にとって亜沙乃はいまだ謎の人であった。
その後、亜沙乃が昔よく通っていた大衆酒場へ行くのだけど、そこで亜沙乃を知る人物・加奈と遭遇する!!







彼女は亜沙乃を見かけた際に、一瞬嬉しそうな表情を魅せるけど直ぐにその表情を隠し、その後、亜沙乃に対して鋭角な挨拶をする
話からどうやらプロデビュー目前だったのに亜沙乃が逃げ出したってことらしい。
で、この状況に困惑する周平







でも状況を全く知らない赤の他人であるので、これには触らない方がいいって結論を出す周平、その際に母にも触れつべきではない時があったことを思い出す・・・







で、この思い出しから本当は触れつべきではないって思いつつもつい口を出してしまう周平。当然の用に反撃される周平。そんな時に今まで笑って流そうとしていた亜沙乃が立ち上がり、自分はいいけど彼に突っかかるのは許さないっと言う。







その後、加奈は誰かを待たせていることもあり、去っていく。







で、亜沙乃から自分をかばってくれた事に感謝し、手が触れ合うのだけど、その際に周平の過去の母とのやりとりが思い出され、その手を払ってしまうのであった。
そんな事があっての帰り道に、その件について軽い冗談をした後に聞かれる周平







その事で、しっかり返答しないとダメであることを知り、その人物は母であることをうまく伏せつつ話をしていく。すると彼女はまた今度会ったらその時は手を繋いでもいいってことだと言ってくるのであった







その後、二人は帰るのだけど、そんな周平に対して過去の周平から馬鹿馬鹿しいことやってんなっと言われるのであった・・・。

場面変わって加奈。過去の亜沙乃との写真からその時のやり取りを思い出す







その後に、周平の言葉を思い出し、あんなのが亜沙乃と付き合っているのかと怖い顔を見せるのでした。

ある日、亜沙乃から電話があり、「倒れた」ので周平に来てほしいって言われる、なので向かうと、本棚の組み立てであった!!
その後、夕飯をごちそうしてくれるってことなので、「彼女」の家に着て、直ぐに帰るのも不自然なので、ごちそうになることに。でも、カレールーを切らしていたので、コンビニ買いに行くことに。その際に一緒に行く?っと誘われ、そこから変な妄想に浸る周平







なら残る?って言われるけど、この部屋に残りたがる男って不審者じゃね?っと思い、結局は一緒に付いていく事に。







その後、亜沙乃がカレーを料理し、一緒に食べる事に(その際にギターを見かける周平)
食べ終わった後にギターについて触れ、そこから座るように言われる







そして大学の学際時の映像を見ることになり、







そしてみんなと音楽やれてたこの頃は本当に楽しかったっと口にする







亜沙乃にまだ未練があるってことを知った周平は、加奈のバンドのチケットがまだ予約できることを知り、そして予約するのであった。
当日、帰りたいっと思ったけど、亜沙乃とは残り二ヶ月で別れるので、綺麗に別れたいと考えいた。なので心残りを潰しておく必要があるっと







なので理想を想像しつつライブ会場へ。彼女のバント演奏を聞き、学際時の曲を知っている周平はあんな演奏をする人だっけかなんて思うのであった。帰ろうすると肩を捕まれ、演者から呼び止められるように言われたと言って、待っていると、そこに加奈がやってくる







そして周平に鋭角な挨拶を浴びせるのでした!!

おまけの「休日の亜沙乃さん Day.2」では彼女が荷解きしようとするけど、典型的な片付けが進まないパターンに陥ってしまっている様子







で、この衣装はクリスマスライブで着た服装であり、これを周平に送ったら加奈の話をするキッカケになったりするかな?っと思いながら送信しようとするも、出来ない、そんな亜沙乃の様子が描かれていました。

そんな感じでWデートをなんとかバレずに終了し、一ヶ月が経過したのだけど、周平、及び亜沙乃のそれぞれの過去がいろいろと分かり始めて来た様子が描かれてました。
周平の方は特に母親周りが大変な事になっていたようであり、これかなり大変じゃね?って感じがありますけど、どうなることやら。また亜沙乃の周りの話ですが、亜沙乃と綺麗に別れる為にっと動き出すのですけど、これ一体どうなってしまうんだろうか?ってか別れるのならいくら心残りがあるっと言っても、ここまでする義理ないと思うのだけどねぇ。故に自分が大変なことになってしまいそうな気がしますが、どうなっていくのだろうか?


ぼっちの僕に強制彼女がやってきた の記事
ぼっちの僕に強制彼女がやってきた 1巻 - 24歳の誕生日プレゼントは恋人だった!? -

関連記事









[ 2022/05/16 13:12 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人気記事
プロフィール

マスオ

Author:マスオ
基本は買ってきた物(主に雑誌、漫画、同人誌関係18禁含む)の紹介、たまにゲーム、フィギュアの紹介、自分が気になったニュースに関する紹介とかやっています。

誠にすみませんが、当分の間コメントに対してのお返事を控えさせていただきます。

連絡先はmasuokun777※gmail.comになります。(※をアットマークに変更してください)


またこのページへのリンクはフリーです。

バナーリンク
スポンサードリンク
FANZA 同人ランキング
検索フォーム
月別アーカイブ


ブログパーツ