fc2ブログ

E.M.D.2nd

自分の買ってきた物(主に漫画や同人誌、フィギュア関係)の紹介が中心 -エロ関係の記事が多めなので18歳未満の方の閲覧は控えるようお願いします-
2022 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312023 02

コミック版 ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない vol.2 - 物語の舞台は市役所へ。牧浦との出会いが雄介と深月の運命を大きく変える!! -

コミック版 ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない vol.2 (AA) (Kindle版) (DMMブックス) を買ってきました







同名小説のコミカライズ第2巻。
今回は舞台を市役所に移しての話が描かれており、そこで遭遇した女医・牧浦さんがヒロイン的なポジションになって話が展開されていく感じになっています。(彼女とのアレなシーンもありますし)
そんな彼女と雄介、更に深月はこの市役所でどうなっていくのだろうか?
またこの巻でも描き下ろし話が追加されており、牧浦さんとのアレな展開が楽しめますよ!!


市役所へ向かった雄介達。で、ここの入り口での会話や周りの反応を見て烏合の衆じゃなさそうであること知る。
で、地下駐車場にて武器を全部手渡すように言われると、あっさり手渡すのでした。その後、隆司を見てもらうために牧浦に見てもらうことになる。その保、細々としたルールの説明を受け寝泊まりする部屋に案内される。
夜、雄介の所に深月が現れ、そして雄介の胸元に顔を埋めながらお礼を述べるのでした







翌朝、深月の幼馴染が現れ、これからは深月は自分が守ると言ってくる。その際にこの運営は牧浦先生が仕切っているってことを聞く。その後、優を埋葬した雄介は救助が来る前に時子を解放するためめにマンションへ向かおうとするが、そこでタバコを吸ってむせている牧浦先生と出会う







どうやら気分転換に吸ってみようとしたけど、あまり美味しいものではなかった模様。その後、彼女はここのトップなのかを尋ねるがお飾りで副会長の役職についていることを知る。

その後、雄介は夜になってマンションへ向かっていろいろと使えるものを探し、その後は時子の元に向かうも







何故か拘束が解けている事を知る。自分で外した!?と思いつつも反応がないので。部屋の鍵だけ開けておいて時子を放置することで、意識を失うまで酒を飲む。で、目覚めると時子が雄介元に近づき噛みつついてきた!?って思ったら垢を喰っていた!!で、そのまま好きにさせておいたのだけど、







彼女はアレを舐め始め、そのまま白濁液をお口で絞り取るのでした







その後は時子にフードを着せて解放。彼女と別れるのでした。でも雄介の後をついてくる彼女。でも雄介は自転車を持っていたので、距離を開け彼女と別れるのでした

話は牧浦先生の過去話へ。どういう経緯でゾンビと遭遇したのかが描かれており、彼女は生き残るためにゾンビを殴打する所が描かれてました









で、暗転。どうやらミーティング中に意識を飛ばしてしまっていた模様。で、ミーティングでは救援ヘリの到着が遅れている件での話であり、意見が割れていた。そんな中でギリギリまで救援を待つ事で一旦は落ち着く。
その後、彼女は憔悴しきった深月と出会う。で、ここで深月の方は雄介に酷い言葉を吐いた事を激しく後悔している模様。

また自衛隊のヘリがやってくるも支援物資が運び出されてくる。どうやら全員がその日だけで救出出来ない模様。
今回は怪我人や病人を優先することになり、隆司の搬送をお願いする。
その数日後、深月は現状を鑑みながら雄介に頼り切っていたって事を改めて思うことになる







その後、社長と工藤が外へ食料を取りに行きたいので預けている道具を返してもらいたいって事でなにやら揉めていた。牧浦は外への食料調達は危険であることをつたえるも、社長からこのままではジリ貧であることを言われると言葉に詰まってしまう。
そんな時に







雄介が自分も行くと声をあげた。

そんな事で外へ食料調達に向かうことに。夕方に物流センターへ到着し、向かってくるゾンビとの戦いを制し荷物を運び出そうとする。その際にソンビから襲撃があったけど、雄介がフォークリフトを使って襲われそうになった人を助け、全員無事で市役所へ帰還するのでした







その後、雄介は単独行動をすることになる。少し前から自衛隊との通信が途絶えていたので駐屯地へ向かうもゾンビとの戦闘痕があり、人の気配がなかった。どうやらこの駐屯地中を捨てた感じで、自衛隊の足取りを追うも、川を利用したようなので、雄介にはこれ以上足取りを追うことができなくなっていた。
で、駐屯地に戻り飯があったので、食べているとゾンビが群がってくる。が、そんな隙間を







小さい女の子がすり抜けていく!

また彼女の行き先には隆司がおり、この少女がゾンビのうろつくここでサバイバルをシていたことが分かる







で、隆司とこの少女を連れて市役所へ戻る雄介。隆司は虫垂炎を取り除かないといけないので手術が必要になる。
そんな所に深月が現れ、雄介に感謝する。また隆史から「深月」と呼ばれた事で嬉しそうな顔をする。またあんじょ少女は深月に任せることになる。







雄介は牧浦の所に向かうも、彼女は鎮痛剤を打っていた事を知り、彼女は精神状態がヤバいことを知るも、それでも隆司の手術をして欲しいっち喝をいれる!!







そして彼女の父が経営していた病院まで行ければ設備があるのでそこへ向かう。そこで生きていた父と再会。かと思ったらすでにゾンビ化していた・・・。これ彼女の精神状態の限界になってますね。

その後、雄介は「あんたが手術をするならなんでもひとつ頼みを聞く」って言うと、彼女からは







ここから助けてっと涙を流しながら言う。

そんな彼女を見てもうだめだと思った雄介は自らオペを開始しようとしていた。でも雄介の手は震えており、自分で手術できるとは思ってないことを知る牧浦。でも隆司を助けようとする雄介の覚悟に触発され、牧浦はついにオペをする決意を決める。
そして彼女のオペにより、無事に手術が成功。その時、彼女には笑顔が戻ってきていた







その後、牧浦が市役所でリーダーなどを努めていく理由が明らかになったり、今まで薬に頼って精神を安定させていたことを止めることになった。
ここの照れて恥ずかしがる彼女が印象深かったなぁ。

市役所に戻ってきた後に、市役所から野外センターへの移動の話となる。抜け出してきた雄介はそこで深月と再会し、隆司を救ってくれたことにお礼を述べる。また深月から隆司の家族なので今後は自分も連れて行って欲しいことを懇願される







その後、牧浦が登場。ヘアカットでショートヘアになった彼女。医務室の手伝いした後に







後ろから抱きつかれ、自分に興味ないかと聞かれる。

そして雄介は彼女と行為に至るのでした











その後、雄介は駐屯地に停めていたバイクを車を使って取りに行く。その際に牧浦自らキスして送り出される。この際にこの行為を何者かに見られた可能性があったけど、なるようになるだろっと思いながら出ていく
その後、バイクに乗り換えて移動している時に橋で食事を取っていると川から死んだ人間が流れてきた







それを見て胸騒ぎがする雄介は直ぐに皆の無事を祈りながらバイクで市役所に向かうのであった!!

描き下ろし話雨の日の情事」では雄介が市役所の裏手の広い公園で黄昏れていると、そこに牧浦さんがやってきてお話の後、トイレで彼女シちゃう様子が描かれています









お口で雄介のを咥えた後、雄介が脱ぎだしたのを察知し、自ら後ろ向きになって「どうぞ」という牧浦







そして後ろから激しく彼女を突いていく!!







最後にお口で咥えこんで、ちょっと飲んでしまった事を告げる牧浦さんがクソエロ可愛いかったなぁ。でも最後の会話的にこれ絶対フラグですよね・・・。

そんな感じでこの巻ではいわゆる「市役所編」的な展開が描かれており、そこで出会った牧浦さんがヒロイン的なポジションになっての市役所でのヒューマンドラマ模様が描かれていた感じでした。
そして深月の方の出番はこの巻では少なかったですが、所々で雄介に恋する乙女的な反応を魅せており、市役所編終わったらまた彼女がヒロイン的なポジションになるのかな?(でもそうすると牧浦さんは・・・)
最後に雄介が嫌な予感で急いで市役所に戻ろうとしていますけど、展開的に絶対ヤバいことになっているよなぁ。あsて次巻は一体どうなるのだろうか?


コミック版 ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない の記事
コミック版 ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない vol.1 - Webで話題沸騰の新感覚ゾンビパニックストーリー、単行本化!! -

関連記事









[ 2023/01/03 16:03 ] 漫画 青年向け漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人気記事
プロフィール

マスオ

Author:マスオ
基本は買ってきた物(主に雑誌、漫画、同人誌関係18禁含む)の紹介、たまにゲーム、フィギュアの紹介、自分が気になったニュースに関する紹介とかやっています。

誠にすみませんが、当分の間コメントに対してのお返事を控えさせていただきます。

連絡先はmasuokun777※gmail.comになります。(※をアットマークに変更してください)


またこのページへのリンクはフリーです。

バナーリンク
スポンサードリンク
FANZA 同人ランキング
検索フォーム
月別アーカイブ


ブログパーツ