fc2ブログ

E.M.D.2nd

自分の買ってきた物(主に漫画や同人誌、青年、成年モノ含む)の紹介が中心 当サイトはアフィリエイト広告を利用しております。
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

コミック版 反逆の勇者 1巻 - 騙し合い上等!悪人だらけの異世界で、それぞれの代償をかけた腹黒ファンタジー開幕!! -

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

コミック版 反逆の勇者スキルを使って腹黒王女のココロとカラダを掌握せよ〜 1巻 (DMMブックス) (DLsite) を買ってきました(今回は電子書籍での感想になります)







同名小説のコミカライズ第1巻。
ある日突如、篠原シンタが勇者として異世界に召喚されてしまう。そしてこの世界は勇者への悪意に満ちていた(ある意味で、過去の勇者のやらかしのせいでもあるけど)
表面では好意的な態度を取りながら、裏では勇者を嫌悪し、シンタの暗殺を企てている鬼畜の集まりであることを召喚時に得たスキルから看破したシンタは召喚主であり、暗殺計画の首謀者である王女・アリシアの篭絡を目論むのであった!!


最初シンタが女王様に対して装備を指定している所からはじまるのだけど、その装備がなんかエロい行為の為に使われるような装備内容であった







で、こうなった経緯が描かれており、シンタは魔王を倒すために異世界に召喚された。この世界では勇者と呼ばれる存在らしい。
で、勇者のスキルは全部で10個あり、そのうち3柄召喚時に付与される模様。で、その付与された3つのスキルだけど







なんか非常にツッコみたいスキル名であった。

で、ものは試しとスキル「人物紹介」を第二王女であるアリシアを使ってみると、アリシアの人物データを見ることができるのだけど、その内容は「勇者のことは使い捨ての兵器と考えており、不本意な召喚儀式の腹いせに勇者を不幸の底に陥れようとしている」って出てきた。更に周りも似たような考えてをしていた。
シンタはアリシアに日本に帰れないのか?って質問をしてみると、それに対するアリシアの反応は普通だった







表面上は普通の対応をしている?って疑うもそもそも人物紹介で表示される情報は正しいのか?って疑問を持ち、ひとまずはアリシアに言われるように落ち着いた場所へ。

その後、スキル3「異世界転送術」を使ってみるが自分にはロックがかかっているので、使用できなかった。が、自分以外なら使えそうだっとアリシアが牙を剥いたら転送も選択肢と考える。

その後、王と謁見することになる







人物紹介では異世界人を殊更嫌悪してないが好んでいるワケでもないっと表示された。

で、王からは3ヶ月訓練期間を設けるので精進するようにと言われ、明日から訓練開始となる。部屋に戻ってきたシンタが自分の生命線は異世界転送術であり、これを使うための実験台が必要になる。現状はアリシアが適任であった。でもまだ人物紹介の内容が誤情報の可能性があり、考えているとモニターが現れ、アリシアの会話が分かる。そこではそれはもう勇者へのヘイトがとんでもなく、人物紹介で見た通りクソ王女様であることが確定した







で、基本的にアリシアの動向を監視することを決める。それと同時にアリシアで異世界転送術を試してみると







彼女は確かに日本に飛んだ!!(「装備」はなにも持たせなかったので全裸で異世界へ)

その後も検証を重ねていくシンタ。流石に武器の検証はできないくぱっと思いついたのが







コレ!

一旦置いといて少し真面目に検証をしていくと、異世界転送術に「メッセージ」って項目があり、それを「勇者召喚における召喚主の代償」と記載。もしこれが匿名で送れたら王女の行動を制御できる可能性が高まり、アリシアを好き放題できると期待が高まる。







その後、アリシアにもう少し悪戯したくなったので、それはもうアレな装備をつけて異世界転送術を使用する。これによりアリシアはそれはもうすごい状態で一夜を過ごすことに







翌朝シンタは目覚めたが、アリシアはまだあの状態のまま寝ていた。それ故に彼女が目を覚まさなかった時の対策を打ってなかったので、このままだと起きてこないアリシアの様子を侍女が見ることになる、これは万事休す!?って思ったが、直前でイった事でなんとか目覚めた







その際にアリシアは自分のアソコがめちゃ濡れていることに気づき、そして「勇者召喚における召喚主の代償」って言葉を呟いていた







で、この件で自分に結びつく様子はなかったのでもしかして自分の名前は表示されない?って思うのであった。
シンタは朝食後に迅速に訓練所へ向かうように言われる。その際にアリシアの様子を見てみると図書館で過去の勇者についての文献を見ていた。で、文献には代償っていうのは書かれてないことを知り、あのメッセージは匿名であることが分かる。

で、訓練所ではルイードと手合わせをすることになり、ここでスキルについて聞かれる







またこの世界での魔法は魔王を倒すためだけに開発された対魔王特化技術であることも判明する。
その後、スキルを教えるようにいわれ、この世界にはスキルの解析手段がないのでひとまず人物紹介は詳細は話すことなく、本当に人物紹介だけだと答え、異世界転送術は「召喚者の加護」と嘘をつく最後の完全カウンターに関しては







「カウンター」だと誤魔化す形にしたのであった。

その後、訓練をするも1日ですでにバテてしまう。その後にそもそも魔王に剣って効くのか?っと尋ねると







なんかすごい返答が返ってきた!!いわゆる即死魔法な模様。でもこれってもしかして完全カウンターが効くのでは?っと思うのであった。

その後のルイードとの会話のなかで人物紹介には本院の心情までは見えないってことを知ることに。
そしてアリシアが何をしているのか確認してみると







なんともポンコツな部分を見てしまった!!

その後、訓練後にアリシアは自室にシャワーを浴びさせた後のルイードを呼んでおり、最初は恋仲!?って思ったりするも







それは違っていた(単に汗臭さかったので、そのまま入室させられなかった)

内容はシンタのスキルの内容に関しての話であり、そしてシンタがアリシアに一目惚れしていることを話すとアリシアは勇者の伝承が記されている書物を見せる。その内容は







過去の勇者の卑劣なやらかしが記されていた。その内容を読んだ為、味方になりそうだったルイードを失ってしまう。

シンタは過去の勇者とが違って自分のターゲットはアリシアのみであることを強調する







その後のアリシアとルイードとの会話にて勇者の10のスキルのうち7はアリシアが封印を解かないと使用出来ない、しかも再封印もできることを知る。

こーしてシンタ的にはスキルを使って心も身体もアリシアの全てを掌握する。アリシア的にはシンタのスキルも心もすべて自分の掌の上に収める、事を生き残るために掌握する戦いが始まった!!







番外編では2.5話として異世界転送術でアリシアを全裸で異世界に送った際に、一瞬で裸になるのは風情に欠けるっと、徐々に衣類を脱がしていくのを妄想する様子が描かれていました







そんな感じで異世界に勇者として召喚されたシンタだけど、勇者が持つスキルの一つ「人物紹介」にてこの世界にシンタを召喚したアリシアがとんでもないクソであることが判明(まあ過去にやらかした勇者が悪いっていうのもあるけど)、そして今あるスキルを駆使してアリシアのすべてを掌握するために動き出すって内容になっており、一巻はそれを行うための色々な検証をしていたって感じではありますね。
現状では「異世界転送術」がシンタ的には切り札ではあるものの、アリシアは勇者の残りのスキルを封印しており、更に解除後も再封印できることが判明したので、今のこのスキルを封印されないようにしながら、アリシアをお仕置きしていくってことになるのかと思うので、その辺りが楽しみです!!

関連記事









コミック、漫画、コミックのダウンロードショップ - Comic
[ 2024/02/28 13:26 ] 漫画 青年向け漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人気記事
プロフィール

マスオ

Author:マスオ
基本は買ってきた物(主に雑誌、漫画、同人誌関係18禁含む)の紹介、たまにゲーム、フィギュアの紹介、自分が気になったニュースに関する紹介とかやっています。

誠にすみませんが、当分の間コメントに対してのお返事を控えさせていただきます。

連絡先はmasuokun777※gmail.comになります。(※をアットマークに変更してください)


またこのページへのリンクはフリーです。

広告
広告2
FANZA 同人ランキング(アフィリエイト)
検索フォーム
月別アーカイブ


ブログパーツ